2017年07月03日

兵庫県加古川市立平岡東幼稚園での講演会


 今日は午前中加古川市立平岡東幼稚園で講演会がありました。
 テーマは「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」。
 聞いてくださるのは保護者の方83名です。

 DSC_0126.JPG

 資料をもとに具体例や実例をあげながら解説していきました。

    < 自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方 >
       〜 自己肯定感を育てる関わり 〜

     1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)

     2、そのままを愛する(変えようとしない)

     3、子どもの善さを見る(尊敬する)

     4、話を聴く(口を挟まず最後まで)

     5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)

     6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)

     7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)



 2、そのままを愛する(変えようとしない)のところではこのようにお話しました。

 「そのままを愛する」とは、やんちゃな子はやんちゃな子のまま、引っ込み思案な子は引っ込み思案な子のまま、そのままを愛するということです。

 それは子どもを変えようとしないということです。
 
 そのままを愛するとは、結婚式の『愛の誓い』、あれですね。

 DSC_0128.JPG

 「健やかなる時も病める時も、富める時も貧しき時も、喜びの時も悲しみの時も、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命のある限り、真心を込めて尽くすことを誓いますか?」

 こうして永遠の愛を誓うわけですが、この世に永遠の愛なんてあるのでしょうか。
 
 あるんですね。

 親が子どもに対して持つ愛は一生変わりません。
 親は死ぬまで子どものことを愛し続けます。

 だったら子どもが生まれた時にこう誓ってみたらどうでしょうか。

 「健やかなる時も病める時も、いい子の時も悪い子の時も、言うこと聞く時も言うこと聞かへん時も、この子を愛し、この子を敬い、この子を慰め、この子を助け、時期が来たら放してやり、その命のある限り真心を込めて育てることを誓いますか?」

 その無条件の愛が子どもの意欲、向上心、生きる力を育てます。

 欠点もある、ダメなところもある、だけど

 「そのままの自分で愛されている」

 そう思えることが子どもにとってどんなに嬉しくてどんなに幸せでどんなに自信がつくことでしょう。
 自信とは究極的にはただ一つです。
 「自分は愛される存在である、自分には愛される価値がある。そう思えること。」
 それこそが自信の根幹にあります。
 それが今の、そして未来の子どもの心を支えるのです。

 「そのままのあなたが大好き」

 これは親が子どもに贈ることができるプレゼントの中でも最高のプレゼントです。
 これこそが自己肯定感です。

 そのあと絵本「いいこってどんなこ?」を紹介しました。

 DSC_0137.JPG



 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせてお一人お一人それぞれ違った詩をプレゼントしました。

 皆さん熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございます。
 講演会に参加されていてこのブログをご覧になられている方がおられましたら、講演会の感想等コメントいただけるととても嬉しいです。
 またお会いできる日を楽しみにしています。


 こんなイベントもやっていますので、もしお時間がありましたら是非いらしてください。

 第45回ペアレントセミナー「コミュニケーション能力の育てかた」
 7月9日(土)午後2時20分〜 
 場所:加古川総合庁舎1階「かこむ」講座研修室
 詳しくはこちらを
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/449908364.html



posted by 長谷川 at 13:04| Comment(2) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

第2回参加型パネルトーク「子どもの心の声を聴く」終了しました


 今日は第2回参加型パネルトーク「子どもの心の声を聴く」がありました。

 20170702_142448.jpg


 26名の方が参加してくださいました。
 
 最初に河合さんご夫婦によるチェロの演奏がありました。
 
 20170702_140805.jpg


 豊かな気持ちになってスタートです。

 パネラーは僕の他には、ほるぷ絵本館の代表である星野由香さんとかわい音楽村を主宰されている河合ご夫妻です。

 和久洋三のわくわく創造アトリエ・加古川プレイルーム「ほるぷ絵本館」
 http://www.ehonkan.com

 かわい音楽村
 https://www.facebook.com/kawaiongakumura


 まずは今回のテーマ「子どもの心の声を聴く」についてお話ししました。

 20170702_140424.jpg

 
 子どもと自然と良く似ていると思うんです。
 どちらも思い通りになりません。
 20世紀に入ってから人間は自然を支配し利用する対象として見るようになりました。
 自然からの搾取としての森林伐採など、自然をモノとして扱いそれを管理支配しようとした結果、自然破壊が起こり、地球温暖化が起こっているように思います。
 昔の人間は1本 木を切るに際して手を合わせ、木を切り倒した後に苗木を1本植えたと聞いています。
 そういう畏敬の念や謙虚さを持って自然に接する心が失われているところに自然破壊の根本的な問題があるのではないか。
 それは環境問題だけではなく、子育てにおいても私たちは子どもという存在を管理コントロールしようとすべき存在と見ていないだろうか。
 大人の望む「こうあってほしい子ども」にしようとしていないだろうか。
 大人の望む子どもにするべく管理したり、支配しようとしていないだろうか。
 それは人間が自然を支配コントロールしようとする思考と根っこは同じであるように思います。
 今、私たちに求められているのは
 自然の声なき声に耳を澄ますことであり、子どもの声なき声に耳を澄ますことなのではないかと思います。
 その最も身近な一歩が「子どもの心の声を聴く」ことであり、
 そこから子どもと大人が共にその存在を尊重しあい、信頼しあう関係が生まれてくるように思います。
 それはそのまま人間と自然が共に尊重し合う関係、畏敬の念を忘れずに大切な友人として付き合っていく関係を再び取り戻す、いや新たにそういう関係を再構築していく始まりであると思います。

 そのように前置きをしてパネルトークに入りました。

 DSC_0118.JPG


 いろいろな質問や相談がありましたが、
 その中の一つに「どこまでを『甘え』として受けいれたらいいのか、どこから『甘やかし』になるのか教えて欲しい。」という質問がありました。

 「言葉の問題は置いといて、僕は「甘やかし』でもいいと思うんです。
 親と子が甘え合うということはとても大切なことで、子どもが甘えてきたり、頼ってきたりしたらできる範囲で甘えを受け止めてやったらいいと思うんです。
 『甘えられる』ということは『いつでも困った時は助けてもらえる』ということで、
 そういうところから子どもは安心感や信頼感を持つようになるし、そういう安心感や信頼感を持っているからこそ、人を信頼できる子、世界を信頼できる子に育つんだと思います。
 「困っても誰も助けてくれない、自分しか信用できない」と感じている子よりも、「自分一人で出来ないなら誰かを頼ればいいんだ」と基本的に人や世界を信頼できていることこそ社会に出る上で必要な心であるように思います。

 だから、どこまでが『甘え』として受け入れて、どこからは『甘やかし』としてはねつけるなんて難しいことは考えずに(そんなの人によって意見違うしね)、子どもが甘えてきたらできる範囲で応えてあげればいいと思います。」


 
 他にも「ピアノを習わしているんだけど、毎日練習するって約束で始めたんですけど、やっぱりそんな風にできなくて・・。毎日ピアノの前には座っているんですけど、ただ鍵盤を叩いて遊んでいるというか・・練習してないんです。どうしたら毎日練習するようになりますか?」という質問がありました。

 ちょうど河合さんの奥さんがピアノの先生をされていてこんな風に答えておられました。
 「うちにピアノを習いに来る子で、毎日練習するように言われている子はだいたい辞めてしまいます。
 ピアノはまず楽しむことが大事です。
 そういう約束って親が一方的に決めていることが多くて、子どもはやってみたいもんだからその場では『うん』て言いますけど、それを盾にとってちゃんとやらないのは約束を破っているのよというのはどうも違うような気がします。
 まず子どもが鍵盤を叩いて音を出して楽しんでいるというのはとても良いことで、音楽は楽しいなって思うことが一番大切なんですね。それができているわけだからそのまま楽しませてあげたらいいし、なんだったらお母さんも一緒に鍵盤を叩いて遊んでもいいんじゃないですか。
 苦しい練習をしてピアノが嫌いなってしまうよりもその方がずっといいと思います。
 そうして遊んでいるうちにちゃんと弾いてみたいと思う瞬間があって、その時の子どもの取り組み、集中力、上達の速さは素晴らしいものがあります。そういう時が来るのを待つということ。それまでに充分に楽しむ、遊ぶということ。そういうことを大切にされたらいいと思いますよ。」



 終始こんな感じで参加してくださった皆さんも「肩の力が抜けました」「楽になりました」って感じでトークは終了しました。

 午後2時から午後3時50分くらいまでトークをして皆さんの質問にすべてお答えして終わりました。
 終わった後も40分くらい皆さんおしゃべりしたり、詩をご覧になられたり、とてもリラックスしておられました。
 30種類の詩から1枚気にいられたものをプレゼントとして持って帰ってもらいました。

 感想の一部を紹介します。


 20170706_133315.jpg

 20170706_133439.jpg

 20170706_133600.jpg

 20170706_133120.jpg




posted by 長谷川 at 18:13| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

子どもは遊びを通じて学び、成長しています

 
 今日はこれから講演する予定の幼稚園に打ち合わせに行ってきました。
 その際、園長先生と幼児教育についてお話しする機会がありました。
 園長先生は午後2時に園児が降園する際、今日の子どもたちの遊びの様子や成長したことをお母さんがたに聞いてもらうことがとても大切だとおっしゃっておられました。

 その理由をお尋ねすると、こうお答えになりました。

 「子どもたちは遊びを通じて学び、成長しています。
 その様子をお伝えし、今日はこんなことを遊びの中で発見しましたよ、こんな工夫が見られましたよ、こんな姿が見られましたよとお伝えすることを通していかに遊びが大切なのかをお母さんがたに理解してもらうようにしているんです。子どもはただ遊んでるだけだと思われがちですが、遊びを通して思考し、工夫し、学んでいるんです。」


 その通り!
 園長先生、僕も全く同じ考えです。

 「園長先生、僕は思うんですけど、幼稚園という所はただ子どもに幼児教育をするだけでなく、保護者の方にも子育てのあり方について伝えたり、家庭での子どもへの接しかたなんかも伝えていく役目があると思うんです。そういう意味ではそうして子どもの遊びの様子を保護者の方にお伝えされるということは本当に大切ですね。
 そして、子どもにとって遊びは本当に大切ですね。
 子どもにとって遊びは生きることそのものと言えるんじゃないでしょうか。
 子どもは遊びを通して学び、成長するだけでなく、それは創造行為であり、表現活動でもありますよね。
 砂のお城を作ったり、体全身を使って遊んでいる姿はまさに子どもが自分自身を表現していると思うんです。
 そうして十分自分を表現すると子どもはとても満ち足りた気持ちになります。
 それが子どもの健全発達においてどれほど重要か。
 それが子どもを発達させ、精神的にも肉体的にも健康にさせ、
 人生を生きていく上で最も重要な何かを育てます。」


 そんな風に僕も熱く語りました。

 保育園やこども園を増やしていくことも大事ですが、幼児教育の根本や幼稚園の理念は絶対に忘れてはならないと思います。
 
 

 
posted by 長谷川 at 18:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

福井県小浜市立小浜第二中学校での講演会「自身と意欲を引き出す親子関係のつくり方」


 今日は午後から小浜市立小浜第二中学校で講演会がありました。

 テーマは「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」

 約40名の保護者の方が参加してくださいました。

 DSC_0110.JPG


 親が普段、子どもにかけている言葉ってどんな言葉でしょう?

 「早くしなさい」
 「もう宿題したの」
 「何べん言ったらわかるの」
 「いい加減にしなさい」

 実は親が子どもにかけている言葉の8割以上は、注意・命令・禁止・叱責なんですね。
 これでは子どもの自信や意欲は引き出せません。
 なぜなら、これらの言葉は上からの一方通行で対話になっていかないからなのです。
 自信や意欲を引き出そうと思ったらもっともっと子どもと対話しなくちゃ引き出せません。

 では、どうすれば子どもと対話できるのか?

 DSC_0114.JPG

 子どもの考えや気持ちを聞こうとして問いかけるのです。
 そうすると対話が成立して、そういう対話の中で子どもが自分で答えを見つけていく。
 それは親が一方的に押し付けた意見ではなくて子ども自身が自分で考えて自分で出した結論ですから子どもの行動も変わる可能性大なんですね。

 それだけじゃなくていつもそういう風に子どもの意見を聞こうとして問いかけていると子どもは自分で考えるようになるし、自分で出した結論に責任を持つようになります。つまり子どもの主体性を育むことになるんですね。

 また頭ごなしに叱らずに子どもの気持ちや考えを理解しようとして問いかけることによって、その子に対する愛情やその子を尊重する姿勢を示すことになります。それが親子の信頼関係を築くことにもつながります。

 でも問いかけ方にもコツがあるのです。
 では資料を見てください。

 プラスの問いかけは子どもの考える力や主体性、意欲、能力を引き出します。
 マイナスの問いかけは子どものやる気をなくさせ、親子関係を悪くします。

    <子どもに対するプラスの問いかけ>

・ どうしたらいいと思う?
・ どうしたら出来るかな?
・ どうしたい?
・ どうして欲しい?
・ 何か手伝えることある?
・ それのいい所ってどこかな?
・ 違う見方できないかな?
・ 相手の立場に立ったらどう見える?
・ 何から始める?
・ どうしたら楽しく出来るかな?
・ 今すぐ出来ることって何かな?
・ どうしたの?何かあった?
・ どうしてかな?

    <子どもに対するマイナスの問いかけ>

・ なんで〜するの?
・ なんで〜しないの?
・ なんで〜したの?
・ もう宿題したの?
・ なんで怒らすの?
・ 何をしなければいけないの?
・ (悪い予想)になったら、どうするの?
・ どこを直さないといけないの?
・ ちゃんとしたの? わかってるの?
・ 何がいけないの?
・ 誰が悪いの?

 プラスの問いかけは子どもの考えや気持ちを聞こうとするもので、このように問いかけられると子どもは、自分は大切にされている、認められている、愛されていると感じます。このように感じるとき、子どもは自らの内に宿る『自己成長力』を発揮し、主体的・意欲的に物事に取り組んでいくようになります。



 マイナスの問いかけは「なんで〜」ばっかりやね。
 「なんで」と頭についたら後はろくな言葉が来ません。
 嘆く言葉か相手を責める言葉が続いてしまいます。
 問題はね、これらのマイナスの問いかけを無意識のうちにいっぱいしているということです。
 まずはそこを意識化する。
 意識化すると「なんで」と言いかけた時に止められます。
 まずは自分が子どもにかけている言葉を意識化してマイナスのものをプラスに変えていく。
 そうしてプラスの問いかけが子どもに自然にできるようになってきますとみなさん自身がプラス思考、ポジティブ思考に変わってきます。

 DSC_0113.JPG

 ポジティブ思考とは何か?
 それは自分にもプラスの問いかけをし、自分を許し、自分に優しくし、自分の気持ちを大切にする思考です。

 ネガティブ思考とは何か?
 それは自分を許さず、自分を責め、自分を脅し、自分を不安にさせる思考です。
 それはそのまま子どもを許さず、子どもを責め、子どもを脅し、子どもを不安にさせる思考につながります。
 それは決して子どもを幸せにしません。
 今この思考を変えなければなりません。
 どのようにして?
 言葉を変えることによってです。
 思考は必ず言葉に表れます。
 言葉と思考は一対のものです。
 子育てには本音が出ます。
 子どもに言っている言葉の中に自分の本音、自分の思考が表れています。
 そこを変える。
 子どもにかける言葉を変えていく。
 そうするとポジティブ思考に変わるだけでなく、子どもとの関係が変わってきます。
 そして子どもとの関係が変わってくると子どもが変わってくるのです。


 そのようにお話ししました。

 講演の終わりに小田和正さんの「たしかなこと」の曲にのせて50種類のお一人お一人それぞれ違う詩をプレゼントしました。

 DSC_0117.JPG


 主催者様のご厚意で講演後、拙著「あなたも子どももそのままでいい」のサイン販売をさせていただきました。
 参加者40名中30名以上の方が買って下さいました❗ありがとうございます。
 お陰様で参加者の皆さんとたくさんお話しし、交流することが出来ました。


 みなさん熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございました。
 もし今日参加された方で今このブログをご覧になられていましたら、講演の感想等コメントいただけるととても嬉しいです。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。



posted by 長谷川 at 19:59| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

兵庫県加古川市立別府町幼稚園での講演会「無為の子育て」


 今日は午前中、加古川市立別府町幼稚園で講演会がありました。
 ちょうど去年の同じ日(6月22日)にもここ別府町幼稚園で「子どもを幸せに育てる10のルール」というテーマで講演させてもらいました。
 こちらにその時の記事があります。
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/439286566.html

 今日の講演テーマは
 「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」

 聞いてくださるのは保護者の方約70名です。

 DSC_0092.JPG

 今日は最初から資料をもとにお話ししていきました。

       無為の子育て    

   1、いい子にしようとしない
   (あなたでいい、あなたがいい)

   2、甘えを許し受け入れる
   (あなたもわたしもダメでいい)

   3、自然にお任せする
   (私には何もできません)

   4、愛や喜びや幸せを受け取る
   (私の許に生まれてくれてありがとう)

   5、自分のエゴに気づく
   (「あなたのため」は自分のため)

 無為の子育てとは「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し育てていく。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」


 
 DSC_0099.JPG

 1、いい子にしようとしない
 (あなたでいい、あなたがいい)
 無為の子育てとは「いい子に、賢い子に、強い子に育てる子育て」ではありません。無為の子育てとは子どもを「幸せな子」に育てる子育てです。それはまた「幸せな親」になる子育てでもあります。
 でも、その方が自然にいい子に、賢い子に、強い子に育つんですけどね。
 
 ところで皆さん、何が子どもの幸せにつながるのでしょうか?
 実はハーバード大学で75年間にわたって卒業生268人に対して毎年、健康診断、心理テスト、聞き取り調査を行い、「人を幸せにするものは何か」という研究がなされていました。
 そして2009年、長きにわたる研究成果が発表されました。
 「何が人を幸せにするか?」
 その問いの答えは実にシンプルで誰もが納得するものでした。
 人を幸せにするもの。

 それは「あたたかな人間関係」だったのです。

 そしてそれは単に主観的な幸せ感だけでなく、この「あたたかな人間関係」を持っていると答えた人は、持っていないと答えた人よりも年収にして890万円も高かったそうです。
 つまり子どもの幸せ、子どもの社会的自立にとって最も大切なのは子どもが大きくなって周りの人々と「あたたかな人間関係」を作れるようになるということです。
 そして子どもが他の人々とそういうあたたかい人間関係を作る土台こそが「あたたかな親子関係」です。
 ですから皆さんがもし子どもさんの将来の幸せを願われるのなら、こう自分に問いかける必要があるのです。

 「どうすれば子どもとあたたかい親子関係を築けるだろうか?」

 DSC_0107.JPG

 4、愛や喜びや幸せを受け取る
  (私の許に生まれてくれてありがとう)

 親になるとついつい、子どもに何をしてやれるか、何を身につけさせてやれるかと与えることばかりに目が行きがちですが、本当は子どもが生まれる時に持ってきてくれた愛や喜びや幸せを受け取ることの方が何倍も大切です。
 なぜか?

 幸せな親が幸せな子どもを育てるからです。

 ここで紹介したい文章があります。
 ある助産師が書かれた文章です。
 タイトルは「お母さんの宝物」。

そのお母さんは、出産予定日の前日に
胎動がないというので来院されました。
急いでエコーで調べたら、
すでに赤ちゃんの心臓は止まっていました。
(略)
普段なら私たち助産師は、
陣痛が5時間でも10時間でも、
ずっと付き合ってお母さんの腰をさすって、
「頑張りぃ。
 元気な赤ちゃんに会えるから頑張りぃ」
と励ましますが、
死産をするお母さんには
かける言葉がありません。
赤ちゃんが元気に生まれてきた時の
分娩室は賑やかですが、
死産のときは本当に静かです。
しーんとした中に、
お母さんの泣く声だけが響くんですよ。
そのお母さんは分娩室で胸に抱いた後、
「一晩抱っこして寝ていいですか」
と言いました。
明日にはお葬式をしないといけない。
せめて今晩一晩だけでも
抱っこしていたいというのです。
私たちは「いいですよ」と言って、
赤ちゃんにきれいな服を着せて、
お母さんの部屋に連れていきました。
その日の夜、看護師が様子を見に行くと、
お母さんは月明かりに照らされて
ベッドの上に座り、
子どもを抱いていました。
「大丈夫ですか」と声をかけると、
「いまね、
 この子におっぱいあげていたんですよ」
と答えました。
よく見ると、お母さんは
じわっと零れてくるお乳を指で掬って、
赤ちゃんの口元まで運んでいたのです。
死産であっても、胎盤が外れた瞬間に
ホルモンの働きでお乳が出始めます。
死産したお母さんの場合、
お乳が張らないような薬を飲ませて
止めますが、すぐには止まりません。
そのお母さんも、赤ちゃんを抱いていたら
じわっとお乳が滲んできたので、
それを飲ませようとしていたのです。
飲ませてあげたかったのでしょうね・・・
死産の子であっても、
お母さんにとって子どもは宝物なんです。
生きている子ならなおさらです。
一晩中泣きやまなかったりすると
「ああ、うるさいな」
と思うかもしれませんが、
それこそ母親にとって
最高に幸せなことなんですよ。
母親学級でこういう話をすると、
涙を流すお母さんがたくさんいます。
でも、その涙は浄化の涙で、
自分に授かった命を慈しもう
という気持ちに変わります。
「そんな辛い思いをしながら
 子どもを産む人がいるのなら
 私も頑張ろう」
「お乳を飲ませるのは幸せなことなんだな」
と前向きになって、
母性のスイッチが入るんですね。



 子どもを持てば色々と悩みも出てくるでしょう。
 でもそれらの悩みは子どもがいてくれるから生まれるんですね。
 悩みの裏側には子どもがいてくれる幸せがあります。
 悩みを通して今まではあたり前だと思っていたことが
 あたり前ではなくて有り難かったんだと気がつく。
 そうして私たち親も悩みを通して成長していってるのだと思います。
 今日皆さんに聞いていただく曲は「 You raise me up 」 という曲です。
 このタイトルは
 「あなたは私に力をくれる」
 「あなたは私に勇気をくれる」
 「あなたは私を育ててくれる」
 そういう意味です。
 この曲を私たちの子どもたちに捧げたいと思います。

 
 

 You raise me up
 Artist : Celtik Woman 和訳:はせがわみつる

When I am down and, oh, my soul, so weary
沈み込み、心が疲れているとき
When troubles come and my heart burdened be
困難があって、心が重く苦しいとき
Then I am still and wait here in the silence
そんなとき私はただ待つの、沈黙の中で
Until you come and sit awhile with me
あなたが私のそばにやってきてくれるまで

You raise me up, so I can stand on mountains
あなたは私に力をくれる、だから高い山も越えられる
You raise me up to walk on stormy seas
あなたは私に勇気をくれる、嵐の海だって渡ってみせる
I am strong when I am on your shoulders
私は強くなれるの、あなたがいてくれるなら
You raise me up to more than I can be
あなたは私に力をくれる、私がそう出来る以上に



 この曲の中のYouとは神様のことです。
 子どもって本当は神様かもしれませんね。
 子どもの笑顔であんなに幸せな気持ちになれるのは、
 それが神様の笑顔だからかもしれませんね。

  
 そのようにお話ししました。

 講演の終わりにお一人お一人にそれぞれ違う詩をプレゼントしました。

 みなさん大変熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございました。
 今日の講演会の感想等ありましたらコメントいただけるととても嬉しいです。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。
 

 こんなイベントもやっていますので、もしお時間がありましたら是非いらしてください。

 第45回ペアレントセミナー「コミュニケーション能力の育てかた」
 7月9日(土)午後2時20分〜 
 場所:加古川総合庁舎1階「かこむ」講座研修室
 詳しくはこちらを
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/449908364.html
 
 
posted by 長谷川 at 16:34| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

中学3年生で7月から午後5時〜指導できる生徒さん募集。


 中学3年生は7月の総体が終われば、部活は終了。
 いよいよ本格的に受験勉強が始まります。

 20170514_142701.jpg

 部活が終われば夕方の指導がOKになります。
 夜の指導時間は私も当学院の家庭教師の先生方もすでにいっぱいですが、夕方の時間であれば指導させていただけます。(どうしても夜でないと指導を受けられない生徒さんはご相談ください。)

 もし中学3年生のお子様をお持ちで家庭教師をお考えの方(加古川市・高砂市・加古郡在住)がおられましたら、お電話もしくはメールでお問い合わせください。(中3生でなくても夕方の指導を受けられる小中学生であれば可)

 < 指導方針 >
 まずはその子と仲良くなることから始めます。その子が好きなことを話題にして色々と教えてもらいます。
 勉強についてはその子にとって簡単な問題から始めて成功体験を数多く体験してもらいます。「わかった!できた!」という喜びや自信を意欲につなげていきます。
 宿題やテスト勉強を手伝って「よかった!助かった!ありがとう先生。」と信頼関係を築いていきます。
 その子にとって何でも相談できる先生になることで、その子とあたたかくて信頼し合える関係を築くことで、その子の意欲、向上心を引き出していきます。


 入会金 21,600円   
 月謝(月4回:1回90分)19,440円(税込)
 *その他諸費用はかかりません。


 <お問い合わせ>
 家庭教師システム学院
 (079)422−8028(10時〜19時:日祝休み)
 ksg@gc5.so-net.ne.jp



 
[ここに地図が表示されます]


 
posted by 長谷川 at 18:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

しつけとしてやってはいけない10のこと


 今から1年前、北海道で小学校2年生の男の子が行方不明になって、自衛隊の旧宿営地で無事保護された事件を覚えていられるでしょうか。

 男の子がキャンプ場で人や車に向かって石を投げたとかで、その罰としてお父さんがほんの一瞬だけ車から置き去りにしたすきに、行方不明になってしまったあの事件です。

 あの事件が起こった時、「しつけ」としてそこまでしてもいいものかどうか。
 親として子どもの「しつけ」はどうあるべきか。
 そんなこともワイドショーで話題になっていました。

 ちょうど1年前、ネットニュース(ライブドアニュース、楽天ニュース、JIJICOなど)にこの問題について書かせていただきました。

 スクリーンショット 2017-06-14 10.40.48.png
 スクリーンショット 2017-06-14 11.08.58.png


 <しつけとしてやってはいけない10のこと>は、ほとんどの親御さんが無意識に普通にやられていることが多いんじゃないかと思います。
 
 これは
 「親は子どもよりも上である」
 「子どもは親に従うべきだ」
 「甘い親はダメだ」
 「子どもはその親のものである」
 「親には子どもを管理する義務がある」


 といった古い教育観やしつけ観が今も多くの親御さんたちに共有されているからだと思います。

 そこには無意識に「子どもは親のもの」「親が自由にしていい」という前提があるように感じます。

 そういった思いが自分にもあるかもしれないという自覚を持って「しつけ」というものを考えていかないと、体罰と同じで必ず行き過ぎを生んでしまうことになるでしょう。

 
 
 あと一つ付け加えておかなければならないことがあります。
 それは発達障害の子の問題です。
 もし子どもに発達障害傾向があって、悪さをしたり、困ったことをする場合、
 きつく叱らないように気をつけなければなりません。
 それをするとパニックになったり、問題を悪化させるだけでなく、
 叱られることばかりする自分はダメな人間だと自己否定感を強めてしまうからです。

 まずは落ち着いて「そうしてしまう」理由を聞いてあげてください。
 そしてどうすれば「そうしてしないで済むか」を一緒に考えてあげてください。
 代わりの方法を一緒に考えるのです。
 あなたの味方であること、あなたを理解したいと思っていること、
 あなたの気持ちを尊重した上で援助したいと思っていることを
 丁寧にゆっくりと、何度も根気強く伝えてあげてください。

 そうすることで困りごとは徐々になくなっていきます。
 大事なのは「安心させてあげること」「信頼させてあげること」です。

 これは発達障害の子にだけでなく、すべての子どもにおいても大切な姿勢であるように思います。

 

posted by 長谷川 at 18:29| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

子どもの問題で夫婦で意見が違ったら


 平成29年4月10日より開始しました『長谷川満の見方が変わる相談室』。

 不登校、発達障害、またはそれに対する学校への対応についてなどご相談に乗らせていただいております。

 子どもに問題が起こると夫婦で意見が違ったり、夫婦喧嘩になったりして二次的な問題が生まれてきます。

 本来協力して子どもの問題に当たらなければならないお父さんお母さんが、その意見の違いから仲違いしてさらに家庭内にストレスを作り出してしまっている。
 そんな悪循環に陥っているご家庭も多いように思います。

 そういう時に専門的な立場から「その場合はこうした方がいい」とはっきりと答えを聞けたなら、無用の争いもなくなりそれに向けて夫婦で協力していけるようになります。

 子どもの問題で夫婦喧嘩になっている方がおられましたら『長谷川満の見方が変わる相談室』に一度ご相談されてはどうでしょうか。

 夫婦で直接、ご相談に来られて「こういう場合はどうした方がいいでしょうか?」と尋ねていただいてもいいですし、遠方の方であればスマホのスピーカー機能を使ってご夫婦揃って電話でご相談に乗ることもできます。



    「長谷川満の見方が変わる相談室」
 
 事前にお電話で相談日時(土日可)の予約をお取りください。
 家庭教師システム学院(079)422−8028
 (受付時間:10時〜19時、日祝休み)
 e-mail : ksg@gc5.so-net.ne.jp
 相談料金:30分 3240円 10分延長ごとに1080円
 *電話相談も料金は同じです。(振込手数料はご負担ください)



 
[ここに地図が表示されます]


 
スクリーンショット 2017-06-12 17.59.45.png





posted by 長谷川 at 18:59| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

兵庫県高砂市立北浜こども園での講演会「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」

 
 今日は午前中、高砂市立北浜こども園で講演会でした。
 テーマは
 「無為の子育て〜あなたのままで100点満点〜」
 DSC_0082.JPG


 最初に一つの詩を紹介しました。

 100115_145418-03491.jpg

 愛とは人の心を明るくするものです、人の心を暖かくするものです。
 その愛をあなたが私に持ってきてくれた。
 そんなふうに愛を伝えられたら素敵だなとの思いからこの詩が生まれました。


 さて、皆さん、あなたのお子さんは100点満点中何点ですか?

 頭の中で点数をつけてみてください。

 今、みなさんがお子さんにつけられた点数があなたの母親としての点数です。
 お子さんに50点をつけられたなら
 あなたは母親として50点です。

 今日、私がみなさんに提案させていただく「無為の子育て」とは
 今のそのままの我が子に100点満点をつける子育てです。

 ここで皆さんにお聞きいたします。

 お子さんを出産される前、
 「どうか無事に生まれてきてくれますように。
  どうか元気に生まれてきてくれますように。」
 と願われた方、手を挙げてください。

 (ほぼ全員の手が挙がる)

 では、お子さんが無事に生まれてきてくれて
 「あー、無事に生まれてきてくれた!』
 とそれだけで嬉しかった人、それだけで感謝した人、
 手を挙げてください。

 (ほぼ全員の手が挙がる)

 あの時みなさんは元気やったら100点と
 お子さんに100点満点をつけたんです。
 子どもが生まれたその時にちゃんとみなさんは
 元気やったら100点!と100点満点をつけられているんです。

 DSC_0087.JPG

 子育ては何も難しいことはないのです。
 あの時のあの気持ちのまま育てたらいいんです。
 「元気が一番!元気やったらそれでいい!」と。
 子育ての悩みは「この子にはこうあって欲しい」「こうあって欲しくない」と子どもに求める心から生まれてきます。

 求心(ぐしん)止むところ即ち無事

 これは仏教の言葉です。

 求める心が止んだ時、そこにこそ本当の安心や幸せがあるという意味です。
 そうお話した後、「無為の子育て」の資料をもとに具体的に実例を挙げながら解説していきました。


       無為の子育て    

   1、いい子にしようとしない
   (あなたでいい、あなたがいい)

   2、甘えを許し受け入れる
   (あなたもわたしもダメでいい)

   3、自然にお任せする
   (私には何もできません)

   4、愛や喜びや幸せを受け取る
   (私の許に生まれてくれてありがとう)

   5、自分のエゴに気づく
   (「あなたのため」は自分のため)


 無為の子育てとは「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し育てていく。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」
 


 子どもを持てば色々と悩みも出てくるでしょう。
 でもそれらの悩みは子どもがいてくれるから生まれるんですね。
 悩みの裏側には子どもがいてくれる幸せがあります。
 悩みを通して今まではあたり前だと思っていたことが
 あたり前ではなくて有り難かったんだと気がつく。
 そうして私たち親も悩みを通して成長していってるのだと思います。
 今日皆さんに聞いていただく曲は「 You raise me up 」 という曲です。
 このタイトルは
 「あなたは私に力をくれる」
 「あなたは私に勇気をくれる」
 そういう意味です。
 この曲を私たちの子どもたちに捧げたいと思います。

 

     You raise me up
 Artist : Celtik Woman 和訳:はせがわみつる

When I am down and, oh, my soul, so weary
沈み込み、心が疲れているとき
When troubles come and my heart burdened be
困難があって、心が重く苦しいとき
Then I am still and wait here in the silence
そんなとき私はただ待つの、沈黙の中で
Until you come and sit awhile with me
あなたが私のそばにやってきてくれるまで

You raise me up, so I can stand on mountains
あなたは私に力をくれる、だから高い山も越えられる
You raise me up to walk on stormy seas
あなたは私に勇気をくれる、嵐の海だって渡ってみせる
I am strong when I am on your shoulders
私は強くなれるの、あなたがいてくれるなら
You raise me up to more than I can be
あなたは私に力をくれる、私がそう出来る以上に



 この曲の中のYouとは神様のことです。
 子どもって本当は神様かもしれませんね。
 子どもの笑顔であんなに幸せな気持ちになれるのは、
 それが神様の笑顔だからかもしれませんね。


 講演の終わりにキロロの「未来へ」の曲にのせて100種類のお一人お一人それぞれ違った詩をプレゼントしました。
 講演後、園長先生のご好意で拙著「あなたも子どももそのままでいい」(500税込)のサイン販売をさせていただきました。おかげさまで完売することができました。

 みなさん、大変熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございました。
 もし今日講演会に参加されてこのブログをご覧になられている方がございましたら、感想などコメントいただけるととても嬉しいです。
 またお会いできる日を楽しみにしています。


 
 また、ペアレントセミナーや参加型パネルトークもありますのでご興味のある方は是非おいでください。

 第45回ペアレントセミナー「コミュニケーション能力の育て方」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/449908364.html

 第2回参加型パネルトーク「子どもの心の声を聴く」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/450451823.html


posted by 長谷川 at 16:51| Comment(2) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ネットニュースに記事を書かせていただきました


ネットニュースに教育講演会でよくお話しする「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」について書かせていただきました。
是非ご覧下さい。
http://jijico.mbp-japan.com/2017/06/03/articles23492.html




1年前の記事ですが、非常によく読まれている記事です。
「30代40代の娘から母への絶交宣言が急増中」
http://jijico.mbp-japan.com/2016/03/22/articles19511.html








posted by 長谷川 at 10:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする