2011年03月29日

詩 「 希望 」


 kibou.JPG
            筆  葦妙子





          人生はやっぱり冒険なんだ。





                      (2010年2月18日の記事より)

posted by 長谷川 at 11:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

詩 「 チャレンジ 〜生きることは生まれること〜 」



  人は皆

  命をかけて生まれてくる

  どうなるのか

  わからないまま

  まっ暗な産道を

  ただ 

  前へ 前へと進み

  生まれてくる



  その先には

  明るい世界が

  新しい世界が

  待っていることを信じて



  生きるとは

  日々

  新しい自分に

  生まれ変わることであるのなら

  そのチャレンジは

  今も続いている


             

                   by 長谷川満


posted by 長谷川 at 15:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

詩 「 仏さまはいつも 」



    私たちは いつでも

    仏さまに会えるのです

    手を合わせて

    頭を下げたら

    そこに

    仏さまはいらっしゃるのです

    

    ありがとうございますと

    手を合わせて

    ごめんなさいと

    頭を下げたら

    そこに

    やさしい やさしい

    仏さまの笑顔があるのです



                          by 長谷川満



               (2010年2月26日の記事より)
posted by 長谷川 at 17:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

詩 「 見つけてくれた 」





    あなたが生んだのではありません

    子どもが見つけてくれたのです
 


                       by はせがわみつる



 
 どうして、ここにこの子たちと親子としているのだろう。
 どんな縁があって、この子たちと親子として暮らしているのだろう。
 それは誰にもわかりません・・。


 ひょっとしたら、子どもたちが見つけてくれた・・?
 
 もう一度いっしょに暮らすために?

 それほど私たちは幸せだった?

 それほど私たちは愛し合っていた?



 そう!

 そして今もね。

 

posted by 長谷川 at 10:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

詩 「 無心 」


CIMG1546.JPG

      書 ゆい          詩 はせがわみつる



 (携帯でご覧の皆様のために)

 
 
    虫や 花や 鳥や

    風や 雲や

    月や 
    
    星は

    みんな

    こどものおともだち

    もし 君も

    ともだちになりたいのなら

    損だとか

    得だとか

    言わないことだね

    人間にしか

    わからない言葉を

    話したって

    みんなには

    わからないもの


                by はせがわみつる

       
posted by 長谷川 at 16:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

詩 「 弱いところ 」



    本当はね

    弱いところに守られているんだ



    弱いところがあるから

    無理しないし

    弱いところがあるから

    人の気持ちもわかる



    弱いところが色々教えてくれる



    だから

    弱いところは大切にしなくちゃいけない

    弱いところに感謝しなくちゃいけない



                         by 長谷川満



    
posted by 長谷川 at 16:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

詩 「 母は 」



   立派な母でなくていい

   賢い母でなくていい

   強い母でなくていい



   ただ

   幸せな母であればいい


                   by 長谷川満



posted by 長谷川 at 11:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

詩 「 愚かでいい 愚かがいい 」

 
 
    親は愚かです

    子を思うゆえに愚かです

    でも

    自らが愚かであることを

    自覚して

    ただ ただ 

    愛し

    時期が来れば

    放してあげる

  

    愚かな親に

    育てられた子どもは

    幸せです

    あたたかい親の愛を

    知っているから


                by 長谷川満



posted by 長谷川 at 16:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

詩 「 オリオン座 」


  オリオン座を知る前には

  ただのバラバラな星と星


  オリオン座を知ってからは

  支え合っている星と星

  
  僕たちは決して一人ではない

  あの星座のように

  見えない力で支え合っている


                    by 長谷川満
  

                    
  
posted by 長谷川 at 23:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

詩 「 間違いだらけのあなたを愛してる 」



CIMG1537-1.JPG

       書  葦妙子         詩 長谷川満







posted by 長谷川 at 12:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

詩 「 僕の憲法9条 」


CIMG1538.JPG

         書  葦妙子        詩 長谷川満



 僕には僕の考え方、感じ方があり、人には人の考え方、感じ方があります。
 他人に対しては、「その人にはその人の考えがあるんだし・・」と思えるのですが、家族に対してはついつい自分の考え方を押しつけがちになってしまいます。でも、どちらの考えが正しいとか間違ってるとかよりも、二人が仲良くいることの方がずっと大切なんじゃないかなあって思いから出来た詩です。
 
posted by 長谷川 at 13:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

詩 「 子育て天国 」



  「 ママー、ママー 」

  トイレも一人で入れないほど



  「 だっこー、だっこー 」

  ゆっくり買い物もできないほど







  愛されたことはなかった







                    by 長谷川満


posted by 長谷川 at 18:12| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

詩 「 新年 」

 
    新しい一年が始まる

    新しいいのちが始まる

    今年もまた

    新しい芽が吹き出し

    新しいつぼみがふくらみ

    新しい花が咲き

    新しい実を結ぶ

    そしてまた

    人間の中の内なるいのちも 

    新しい希望となって

    新しい衝動となって

    新しい情熱となって

    僕らを突き動かす 

    「生きている間は生き生きしていなさい」

    「人生は遊びに来たんやもん」

    さあ

    新しい自分を始めよう

    
                       by 長谷川満






posted by 長谷川 at 07:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

クリスマスイブに寄せて


 サンタさんを信じている子どもが幸せなように

 神さまを信じている大人は幸せだ



 いつか僕たちは

 プレゼントを置いてくれるのが誰かを知る

 それはサンタさんがいないからではなく

 むしろお父さんお母さんの心の中にいる証し



 聖書に「神は愛」と書かれてあった

 互いに愛し合うとき

 神さまもそこにおられるという 

 心に愛がある限り

 神さまはいつも僕らのそばにおられるのだろう

 

 今宵 クリスマスイブ

 子どもたちの枕元にプレゼントを置くとき

 サンタさんも神さまも

 わたしたちと共に子どもの寝顔を

 ほほえみをもってご覧になられていることだろう

 

posted by 長谷川 at 23:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

詩 「 未来 」




    「これからどうなるのだろう。」

    とビクビクするんじゃなくて



    「これからどうなるのだろう。」

    とワクワクしてみよう



                     by 長谷川満


posted by 長谷川 at 12:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

詩 「 よく見ると・・ 」




    よく見ると

    うれしいことがいっぱい





 
                   by 長谷川満



posted by 長谷川 at 13:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

詩 「 だいじょうぶ 」



    急がなくていい

    心配しなくていい

    おこらなくていい



    だいじょうぶ

    だいじょうぶ


        
                 by 長谷川満

posted by 長谷川 at 14:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

詩 「 努力のない世界があればいいのに 」


  努力のない世界があればいいのに

  好きなことを好きなだけしていればいい

  そんな時代が来ればいいのに

  みんなそれぞれが

  それぞれでいいじゃないっていう日が来ればいいのに

  そして

  みんな好きなことをしていながら

  みんなの役に立っている

  そんな時代が来ればいいのに


                   by 長谷川満




                  
posted by 長谷川 at 23:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

 幸せに暮らす方法 

  

 そのままを愛する

 そのままに感謝する



               by 長谷川満





 
posted by 長谷川 at 16:34| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

詩 「 星の数ほど 」


 星の数ほど喜びがあるとして

 僕たちは大きく目立つ星しか見ないけれど

 空気が澄んでいたなら

 降るように満天の星があるのだろう

 僕たちの心も

 もっと澄んでいたなら

 きっと

 たくさんの喜びで満たされているのだろう



                       by 長谷川満

 
 
posted by 長谷川 at 13:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする