2011年09月29日

第28回ペアレントセミナーのお知らせ


     第28回 ペアレントセミナー

    「 幸せな親子関係を築くために」
  〜選択理論心理学から学ぶ家族との関わり方〜

 「あなたは幸せですか?」
 そう尋ねられて「はい」と即答できる人は家族と良好な関係が築けている人です。
 では、どうすれば家族と良好な関係が築けるのか?

 今回のペアレントセミナーでは「選択理論」を取り上げ、その答えを皆様と一緒に考えていきたいと思っています。選択理論では、相手を自分の思うように変えようとすることが、かえって関係を悪くする原因になっていると考えます。私たちが相手を変えようとする時に用いる手段は、
 1、批判する 2、責める 3、文句を言う 4、ガミガミ言う 5、おどす 
 6、罰する 7、ほうびで釣る

 これらは人間関係を損なう「致命的な7つの習慣」と呼ばれ、この手法で相手と関わる限り、その関係は苦痛に満ちたものとなり問題が発生します。
 逆に、幸せな人間関係を築くための関わり方として、
 1、話を聴く 2、相手の望む形で支援する 3、励ます 4、尊敬する
 5、信頼する 6、受け入れる 7、意見の違いを交渉する

 があげられます。

 子どもが育つ上で親子関係ほど大切なものはありません。なぜなら、幸せな親子関係を経験することで、他者と幸せな人間関係を築く関わり方を子どもは身を以て学習するからです。


     < 概要  >

 参加費)無料
参加資格)どなたでも参加出来ます。
  日時)10月30日 (日)  PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
  場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」  講座研修室
    <兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97−1 ☎(079)421−1136>
  主催)家庭教師システム学院
 問合せ)079(422)8028

 

 
 *総合庁舎の駐車場が3時間以内(厳守)無料にてご利用頂けますが、時間厳守ですのでくれぐれも3時間を超えないようにご注意下さい。

 
posted by 長谷川 at 16:20| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

第27回ペアレントセミナーのお知らせ


     第27回 ペアレントセミナー

 「幸せな自分になって幸せに子育てするために」
   〜 人を裁かない、自分を裁かない 〜


 日常の不安や怒り、イライラ、・・そうした否定的な感情を手放し、「心の自由と平和」を取り戻すための方法論、それがAH(アティテューデュナル・ヒーリング)です。自分の価値観で他を裁くことをやめ、人も自分も許すことでもたらせる「癒し」「安らぎ」。AHは、アメリカで精神科医のジェラルド・ジャンポールスキー博士を中心に、致命的な病を持つ子どもたちのメンタルサポートグループとして始まりました。その後、心が傷ついた人々や生きづらさを感じている人たちのセルフヒーリング(自分で出来る癒し)として広く取り入れられるようになりました。

 「私たちの本質はあたたかい愛の心である」
 「幸せになるために、他人を変える必要はない」

 など、その内容は心理療法的側面だけにとどまらず、人生観や生き方そのものを見つめ直し、変えてゆこうとするものでもあります。
 今回のペアレントセミナーではこのAHを取り上げ、「幸せに生きるためには自分の心の姿勢を変えればよい」というその思想・方法論について、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。


     < 概要  >

 参加費)無料
参加資格)どなたでも参加出来ます。
  日時)7月10日 (日)  PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
  場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」 (下記地図参照)
     講座研修室
  主催)家庭教師システム学院
 問合せ)079(422)8028


*総合庁舎の駐車場が3時間以内(厳守)無料にてご利用頂けますが、時間厳守ですのでくれぐれも3時間を超えないようにご注意下さい。
posted by 長谷川 at 12:05| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

今日はペアレントセミナーの日


 今日は第26回ペアレントセミナー「どうすれば自己肯定感を高められるか」の日です。
 今日の午後2時20分から3時50分まで加古川総合庁舎1階「かこむ」でします。
 お時間がございましたら、いらしてください。
 参加費は無料で、どなたでも参加できますので、気軽にご参加下さい。
 詳しくは下記をご覧下さい。

     第26回 ペアレントセミナー
 「 どうすれば自己肯定感を高められるか 」

  「もっと子どもに自信をつけさせてやりたい!」
 園や学校で、また友達との関わりの中で積極的になれない我が子を見ると、幼少期の自分の姿と重なって、なんとか自信をつけさせてやりたいと願うのが親心です。
 でも、それがピアノ、空手、スイミング、学習塾・・、と次々に習い事を増やしていくことにつながってしまうのなら、親の不安や願望のために子どもの発達にとって大切な遊びを奪うことにもつながりかねません。

 では、どうすれば子どもに自信をつけさせてあげられるのか?

 キーワードになるのが「自己肯定感」。
 「自己肯定感」とは、自分はそのままで価値ある存在だと思えることです。
 今の子どもたち、特に中学生以上の子どもたちの半数以上は、自分のことを価値ある存在だとも、自分のことを好きだとも思えていないことが統計によって示されています。そして、これはその親についてもいえることでもあると思います。

 自分はそのままで価値がある。自分のことが好きだ。自分には可能性があり、明るい未来が待っている。そう思えるなら、親も子ももっと毎日をはつらつと輝いて生きることができるのだと思います。
 今回のペアレントセミナーでは、子どもの自己肯定感の育て方だけでなく、いかにして自分自身の自己肯定感を高めていけばいいのかを皆様といっしょに考えていきたいと思います。


  < 概要 >

 日時)4月10日(日)午後2:20〜3:50(2時開場)

 場所)加古川総合庁舎1階「 かこむ 」 講座研修室
    (兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97-1)
    *加古川駅を南に5分。国道2号線沿い。駐車場無料。

 参加費)無料(どなたでも参加できます。申し込み不要)

 主催)家庭教師システム学院 (079)422−8028

posted by 長谷川 at 08:57| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

第26回 ペアレントセミナーのお知らせ


    第26回 ペアレントセミナー
 「 どうすれば自己肯定感を高められるか 」

  「もっと子どもに自信をつけさせてやりたい!」
 園や学校で、また友達との関わりの中で積極的になれない我が子を見ると、幼少期の自分の姿と重なって、なんとか自信をつけさせてやりたいと願うのが親心です。
 でも、それがピアノ、空手、スイミング、学習塾・・、と次々に習い事を増やしていくことにつながってしまうのなら、親の不安や願望のために子どもの発達にとって大切な遊びを奪うことにもつながりかねません。

 では、どうすれば子どもに自信をつけさせてあげられるのか?

 キーワードになるのが「自己肯定感」。
 「自己肯定感」とは、自分はそのままで価値ある存在だと思えることです。
 今の子どもたち、特に中学生以上の子どもたちの半数以上は、自分のことを価値ある存在だとも、自分のことを好きだとも思えていないことが統計によって示されています。そして、これはその親についてもいえることでもあると思います。

 自分はそのままで価値がある。自分のことが好きだ。自分には可能性があり、明るい未来が待っている。そう思えるなら、親も子ももっと毎日をはつらつと輝いて生きることができるのだと思います。
 今回のペアレントセミナーでは、子どもの自己肯定感の育て方だけでなく、いかにして自分自身の自己肯定感を高めていけばいいのかを皆様といっしょに考えていきたいと思います。


  < 概要 >

 日時)4月10日(日)午後2:20〜3:50(2時開場)

 場所)加古川総合庁舎1階「 かこむ 」 講座研修室
    (兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97-1)

 参加費)無料(どなたでも参加できます。申し込み不要)

 主催)家庭教師システム学院 (079)422−8028

 


 
posted by 長谷川 at 12:54| Comment(2) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

第25回ペアレントセミナーのお知らせ


         第25回 ペアレントセミナー 
 「言葉がけ一つで子どもは変わる 〜コトバの不思議、コトバの力〜」

 ふつう私たちは意識することなくプラスの言葉もマイナスの言葉も使っています。
 プラスの言葉とは人を喜ばせたり勇気づけたりするような言葉のことであり、マイナスの言葉とは人を嫌な気持ちにさせたり、不安にさせたりするような言葉のことです。
 子どもが悩んでいたり、自信をなくしている時、みなさんはどのような言葉をかけますか?
 「がんばれ」とか「甘えるな」では、子どもの心を明るく勇気づけることはできません。
 「あー、そうなんやー・・」とその子の不安な気持ちゆっくりと聞いてあげて、「わかるよー、私も・・」と共感し受け止めて、助言は控えて子どもの悩みにじっくりつき合う。そして子どもの中から「こうしよう」という方向性が見えてきたなら、「だいじょうぶ」とプラスの言葉で支えてあげる。それが子どもの元気や勇気を引き出します。
 時間はかかりますが、時間をかけること、その姿勢がそのまま「あなたを大切に思っているよ」という愛の言葉になっています。
 また、こういった特別な場面だけでなく、普段何気なくかけている言葉が子ども自身の自己イメージを作り上げていきますので、どんな言葉を日常的に浴びせているかということは大変重要です。
 「ありがとう」「えらいねー」「うれしいわー」「だいすき!」そう言われて育った子がいい子に育たないはずがありません。
 今回のペアレントセミナーは、子育てだけでなく、言葉そのものが持つ力についても皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。



      < 概要 >

  日時) 12月12日(日)
      午後2:20〜3:50(2時開場)

  場所) 兵庫県立東播磨生活創造センター「かこむ」 
      ☎(079)421ー1136
      (兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97−1 加古川総合庁舎内)
      *交通アクセス
      (加古川駅から南へ5分、東行き国道2号線沿い バス停「総合庁舎前」北側すぐ)
      1階 講座研修室
  <出来るだけ公共交通機関でお越し下さい。お車の場合は北側の加古川総合庁舎の駐車場(3時間以内)をご利用下さい。>

  参加費) 無料(どなたでも参加して頂けます。)

  講師) 長谷川満(家庭教師システム学院 代表)

  主催) 家庭教師システム学院  ☎(079)422ー8028

  * いかなる勧誘も一切おこなっておりませんので安心してご参加下さい。

  

 
posted by 長谷川 at 13:14| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

第24回 ペアレントセミナーのお知らせ

    第24回 ペアレントセミナー
  「 美しい日本の心に学ぶ『スロー子育て』」

 効率性やスピードを追い求める現代、気がつけば子どもに対しても「目に見える成果」ばかりを求めがちです。
 早く出来るようになることばかりを重視し、その子本来の個性的な善さを認められる大人が少なくなってきたように思います。

 子育ての意義は何かを達成したりすることではなく、育ちゆく過程を共有しながら、共に成長するところにあります。
 泣いたり、笑ったり、心配したりする中で、親も子もゆっくり育ち合うものです。

 「となりのトトロ」に出てくる一家は引っ越してすぐに、鎮守の森にお参りに行きます。昔の日本人は見えないものを尊敬し大切にしてきました。子どもも「七つまでは神のうち」と敬意をもって大切にされてきました。

 見えないものや自然、子どもに対して敬意を持つ。それらに謙虚に対する。
 そんな美しい日本人の心から、いま一度、子育てを見直し、「スロー子育て」を提案したいと思います。


    < 概要 >

   参加費)無料 (予約なしで当日直接来て下さい)
  参加資格)どなたでも参加出来ます。
    日時)9月5日 (日)  PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
      *席に限りがありますのでお早目に来て頂きますと確実に座れます
    場所)加古川総合文化センター  第一会議室
    講師)長谷川満
    主催)家庭教師システム学院
   問合せ)079(422)8028

 

posted by 長谷川 at 12:33| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

第23回ペアレントセミナーのお知らせ


        第23回 ペアレントセミナー    
       「コミュニケーション能力の育て方」

 親が子どもを育てるのは、いつまでなのでしょうか?
 高校や大学を卒業し就職するまで、というのが一般的な考え方であるように思います。そういった意味では、子どもが無事、就職先が決まり、働きに出るようになれば、一応、子育ても終了と考えられます。
 では、働く上で最も大切な能力とは何でしょうか?
 それが、今回のテーマに掲げている「コミュニケーション能力」です。
 コミュニケーション能力とは、「人間関係を構築することが出来、相手の思いを汲み取りつつ、自分の思いや提案を上手に伝えられる能力」のことであり、最近、人間関係をうまくこなせない人が増えてきているせいか、企業では、この能力の高い人を積極的に採ろうとする傾向があります。
 子育てを考える時、いかにして子どもの「コミュニケーション能力」を育てればい
いのか、ということも今後注目されるようになるでしょう。
 そこで、今回のペアレントセミナーではコミュニケーション能力の育て方を具体的
にわかりやすくお話ししていくと共に、自らのコミュニケーション能力を高めるには
どうすればいいのか、についてもお話ししたいと思っています。


       < 概要 >

   参加費) 無料 *どなたでも参加できます。
   日時)  6月13日(日)PM2:20〜3:50(開場2:00)
   場所)  加古川総合文化センター 第一会議室
   講師)  長谷川満(家庭教師システム学院 代表)
   主催)  家庭教師システム学院 079(422)8028




posted by 長谷川 at 16:13| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

第22回 ペアレントセミナーのお知らせ

       第22回 ペアレントセミナー
   「 幸せに子どもを伸ばすための”親学”講座 」
     〜 親も子も幸せに成長するために 〜

 現在、教育に関して様々な情報があふれ、親としてどのように子どもを教育すればいいのか分かりづらくなってきています。不安と迷いの中で、悩みながら子どもを育てている、というのがお子様をお持ちの多くの方の現状ではないでしょうか。
 ペアレントセミナーでは、心理学の知識をもとにプラス思向子育て法や自己肯定感の高め方などを学んでもらう「外からの学び」だけでなく、それらを学ぶ中で自分自身の気づきから生まれる学び、「内からの学び」を大切にしています。
 それは、無理のない自分らしい子育てを見つけてもらうことや、ありのままの自分と子どもを肯定し、幸せに子育てをしてもらうことを目的としているからです。
 子どもの健全育成や幸せを願うからこそ、まず何よりも親が幸せであること、子育てが幸せなものであることが大切だと考えています。

 忙しい日常生活の中、忘れがちな本当に大切なことに気づいてもらえる、そんなセミナーにしたい。自分自身を、子育てを、ゆっくり見つめ直してもらえる、そんな時間にしたい。その思いで、このペアレントセミナーを続けています。

  091213_144703.jpg
   前回のペアレントセミナーの様子です


      < 第22回ペアレントセミナー 概要 >

     参加費)無料  
     参加資格)どなたでも参加出来ます。
     日時)3月28日 (日) PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
     場所)加古川総合文化センター (下記地図参照)
        本部棟2階 第一会議室
     主催)家庭教師システム学院
     問合せ)079(422)8028

   

posted by 長谷川 at 16:00| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

第21回 ペアレントセミナーのお知らせ

   
     第21回 ペアレントセミナー
     「 プラス思向になる方法 」
       〜 今そこにある喜びの発見 〜  


 子どもを育てる上で一番大切なことって何でしょう?
 もちろん答えはその人その家庭によって違うでしょうし、また違っていていいんだと思います。
 でも「 楽しく子育てしたい 」という思いは万人共通であるように思います。そして楽しく子育てするためにはプラス思向で子どものいい面、今の暮らしのいい面に多く気がついて、感謝の気持ちで毎日を送ることが大切。という意見にも多くの方が賛同されると思います。
 さて、自分の子育てを振り返った時、果たしてどうでしょう?
 子どもを心配するあまり、先回りして口うるさい親になっていないでしょうか、子どもの悪い面ばかりが目について否定するばかりになっていないでしょうか・・。もっと明るく楽しい家庭にしたいのに、気がつくとマイナス思考で不安と不満でいっぱいになってしまっている・・。
 今回のペアレントセミナーは、そんなマイナス思考の生活からいかに脱していくか、どうすればプラス思向になれるのか、それをテーマに独自の視点で新しい提案をしたいと思っています。
 子育てだけでなく、広くプラス思向で生きるということについて、皆さんと一緒にゆっくり考える機会にしたいと思っています。
  *いかなる勧誘も行っておりませんので安心してご参加下さい。

     参加費)無料  
     参加資格)どなたでも参加出来ます。
     日時)12月13日 (日) PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
     場所)加古川総合文化センター (下記地図参照)
        本部棟2階 第一会議室
     主催)家庭教師システム学院
     問合せ)079(422)8028


posted by 長谷川 at 14:43| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

今度のセミナーのキーワードは「自己実現」

 あさって日曜日はペアレントセミナーです。
 今度のペアレントセミナーは「自己実現」をキーワードにお話しする予定です。
 また、お時間がありましたらおいで下さい。お待ちしています。


      第20回 ペアレントセミナー
    「心理学がわかると子育てがわかる」  


 子どもを育てるにあたって、性善説であまりうるさく言わずのびのび育てた方がいいのか、性悪説で厳しくしつけていくほうがいいのか、それはそのご家庭の考え方によって様々だと思います。
 ただ、心理学者のマズローによれば「人は安全、安心な環境で、愛され認められる時、初めて自己の個性、能力を十二分に発揮して生きていこうとする自己実現欲求が表れる」と述べていますし、カウンセリングの神様と呼ばれるカール・ロジャーズも「人は周りから、関心をもたれている、大切にされている、認められている、理解されている、と感じる時、自己成長力を発揮し、主体的・意欲的に物事に立ち向かうようになる」と言っています。
 それらを考え合わせる時、どうも性善説でのびのび育てた方が心理学的には良いようです。
 現在、発達心理学や人間性心理学の発展により、どのように子どもと関わり教育していく事が、その子の意欲や能力を伸ばすのかもわかってきました。
 今回のペアレントセミナーでは、それら教育に関する心理学を紹介しながら、子どもの教育だけでなく、子どもたちに関わる大人自身もどうすれば自己実現的にイキイキと生きていくことができるのかを、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。
    
     ※いかなる勧誘も一切行なっておりませんので、安心してご参加下さい。
                                      
    参加費)無料
    参加資格)どなたでも参加出来ます。
    日時)10月25日 (日)  
     PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)      
    場所)加古川総合文化センター   
         本部棟2階 第一会議室  (地図参照)            
    主催)家庭教師システム学院
    問合せ)079(422)8028



posted by 長谷川 at 12:54| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

第20回 ペアレントセミナーの案内

      第20回 ペアレントセミナー
    「心理学がわかると子育てがわかる」  


 子どもを育てるにあたって、性善説であまりうるさく言わずのびのび育てた方がいいのか、性悪説で厳しくしつけていくほうがいいのか、それはそのご家庭の考え方によって様々だと思います。
 ただ、心理学者のマズローによれば「人は安全、安心な環境で、愛され認められる時、初めて自己の個性、能力を十二分に発揮して生きていこうとする自己実現欲求が表れる」と述べていますし、カウンセリングの神様と呼ばれるカール・ロジャーズも「人は周りから、関心をもたれている、大切にされている、認められている、理解されている、と感じる時、自己成長力を発揮し、主体的・意欲的に物事に立ち向かうようになる」と言っています。
 それらを考え合わせる時、どうも性善説でのびのび育てた方が心理学的には良いようです。
 現在、発達心理学や人間性心理学の発展により、どのように子どもと関わり教育していく事が、その子の意欲や能力を伸ばすのかもわかってきました。
 今回のペアレントセミナーでは、それら教育に関する心理学を紹介しながら、子どもの教育だけでなく、子どもたちに関わる大人自身もどうすれば自己実現的にイキイキと生きていくことができるのかを、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。
    
     ※いかなる勧誘も一切行なっておりませんので、安心してご参加下さい。
                                      
    参加費)無料
    参加資格)どなたでも参加出来ます。
    日時)10月25日 (日)  
     PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)      
    場所)加古川総合文化センター   
         本部棟2階 第一会議室  (地図参照)            
    主催)家庭教師システム学院
    問合せ)079(422)8028


posted by 長谷川 at 11:24| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

あさってはペアレントセミナー

 あさって8月30日(日)はペアレントセミナーです。
 また、衆議院選挙の日でもあります。投票が済んで時間があるようでしたら、是非いらして下さい。

 いつも45人くらい入る会議室で毎回25人くらいの方が来られています。
 来られる方は決まっていません。よく来て下さる方が3分の1、時々来て下さる方が3分の1、初めて来られる方が3分の1です。初めて来られる方もまったく違和感なく参加できると思います。

 今、準備として「少女ポリアンナ」を読んでいます。
 ポリアンナから学んだこと、「よかった探しゲーム」や「イキイキ生きる時間」を皆さんにご紹介したいと思っています。
 カルピス劇場(昔のTV番組)の物語に出てくる少年少女は、本当に明るくてプラス思向で人を幸せにする子ばっかりです。なんか、幸せに生きるヒントいっぱいです。

 皆さんに会えるのを楽しみにしています。
 「ブログ見てますよ。」と声をかけてもらえると嬉しいです。


        第19回 ペアレントセミナー

       「  幸せな親子関係が子どもを伸ばす  」  
      〜 肯定力・寛容力・信任力が子どもを変える 〜

 
 親であれば生活面、学習面で我が子を良くしようとするのは当然なことです。
 でも、その方法が「たびたび注意する」「子どもを管理しするべきことをやらせる」では、子どもが本来持っている「自ら善くなっていこうとする力」、自己成長力を引き出すことはできません。
 自己成長力を引き出し、子どもの知的能力や思いやり、意志力を育てるためには、温かく信頼し合える親子関係が必要です。
 今回のペアレントセミナーでは「肯定力」「寛容力」「信任力」をキーワードに温かく信頼し合える親子関係はどのように築いていけばいいのかを皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

    肯定力・・・物事をプラス視点で見る力
    寛容力・・・相手を許し意見の違いを受け入れる力
    信任力・・・相手を信頼し任せる力



    参加費)無料(どなたでも参加出来ます)

    日時) 8月30日 (日)  PM 2:20〜3:50(開場2時)

    場所) 加古川総合文化センター  第一会議室

    主催) 家庭教師システム学院   079(422)8028






posted by 長谷川 at 12:50| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

第19回 ペアレントセミナーのお知らせ

      第19回 ペアレントセミナー

   「  幸せな親子関係が子どもを伸ばす  」  
  〜 肯定力・寛容力・信任力が子どもを変える 〜

 
 親であれば生活面、学習面で我が子を良くしようとするのは当然なことです。
 でも、その方法が「たびたび注意する」「子どもを管理しするべきことをやらせる」では、子どもが本来持っている「自ら善くなっていこうとする力」、自己成長力を引き出すことはできません。
 自己成長力を引き出し、子どもの知的能力や思いやり、意志力を育てるためには、温かく信頼し合える親子関係が必要です。
 今回のペアレントセミナーでは「肯定力」「寛容力」「信任力」をキーワードに温かく信頼し合える親子関係はどのように築いていけばいいのかを皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

    肯定力・・・物事をプラス視点で見る力
    寛容力・・・相手を許し意見の違いを受け入れる力
    信任力・・・相手を信頼し任せる力



    参加費)無料(どなたでも参加出来ます)

    日時) 8月30日 (日)  PM 2:20〜3:50(開場2時)

    場所) 加古川総合文化センター  第一会議室

    主催) 家庭教師システム学院   079(422)8028

posted by 長谷川 at 19:25| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

明日はペアレントセミナー

 明日はペアレントセミナーです。
 もし、お時間がありましたら是非おいで下さい。お待ちしています。
 

      第18回 ペアレントセミナー

    ハイジが教えてくれた一番大切なこと
   〜原作「アルプスの少女ハイジ」の深い話〜


 テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」のお話は皆さんよくご存知だと思います。その原作は1881年、スイスの女性作家ヨハンナ・シュピーリによって書かれました。
 テレビアニメのハイジは元気で明るく、そのストーリーは感動的でしたが、原作の「アルプスの少女ハイジ」にはアニメには描かれなかった原作者の深い思いとメッセージが込められており、私たちに何が本当に大切なのかを気づかせてくれます。
 今回のペアレントセミナーでは、この原作を取り上げ、その物語を味わいながら「人を癒し元気にさせるハイジの力」についても考察していきたいと思っています。
 原作者のシュピーリは、次のゲーテの言葉を座右の銘としていました。
 「気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと。
 滅多なことに腹を立てぬこと。いつも現在を楽しむこと。
 人を憎まぬこと。未来を神に任せること。」
 これは人生においても、子育てにおいても大切なことではないでしょうか。
 原作「アルプスの少女ハイジ」のあらすじ及びハイライトシーンをご紹介しながら、みなさんそれぞれの気づきを得てもらえるような講演ができればと思っています。

                   家庭教師システム学院  長谷川満



       参加費) 無料 (どなたでも参加出来ます)

       日時) 6月14日 (日)
           PM 2:20〜3:50 (開場 2時)

       場所) 加古川総合文化センター
            本部棟2階 第一会議室(下記地図参照)

       主催) 家庭教師システム学院

       問合せ)079(422)8028




posted by 長谷川 at 11:05| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

第18回 ペアレントセミナーのお知らせ(6月14日)

      第18回 ペアレントセミナー

    ハイジが教えてくれた一番大切なこと
   〜原作「アルプスの少女ハイジ」の深い話〜


 テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」のお話は皆さんよくご存知だと思います。その原作は1881年、スイスの女性作家ヨハンナ・シュピーリによって書かれました。
 テレビアニメのハイジは元気で明るく、そのストーリーは感動的でしたが、原作の「アルプスの少女ハイジ」にはアニメには描かれなかった原作者の深い思いとメッセージが込められており、私たちに何が本当に大切なのかを気づかせてくれます。
 今回のペアレントセミナーでは、この原作を取り上げ、その物語を味わいながら「人を癒し元気にさせるハイジの力」についても考察していきたいと思っています。
 原作者のシュピーリは、次のゲーテの言葉を座右の銘としていました。
 「気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと。
 滅多なことに腹を立てぬこと。いつも現在を楽しむこと。
 人を憎まぬこと。未来を神に任せること。」
 これは人生においても、子育てにおいても大切なことではないでしょうか。
 原作「アルプスの少女ハイジ」のあらすじ及びハイライトシーンをご紹介しながら、みなさんそれぞれの気づきを得てもらえるような講演ができればと思っています。

                   家庭教師システム学院  長谷川満



       参加費) 無料 (どなたでも参加出来ます)

       日時) 6月14日 (日)
           PM 2:20〜3:50 (開場 2時)

       場所) 加古川総合文化センター
            本部棟2階 第一会議室(下記地図参照)

       主催) 家庭教師システム学院

       問合せ)079(422)8028






posted by 長谷川 at 13:25| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

第17回ペアレントセミナーの資料

 4月19日(日)にあるペアレントセミナー「自発的で意欲のある子に育てるために 〜モンテッソ−リ教育から学ぶ〜 」の資料が出来ました。



            『モンテッソーリ教育』

 モンテッソーリ教育の基本は、「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」という考え方にあります。

          [ 集中することによって変わる子ども ]

 モンテッソーリは、劣悪な環境で育ち、落ち付きがなく集中力のなかった子ども達が、一旦、自分のやりたいことを発見し、何度もその作業を繰り返しているうちに、深く集中して行き、急速に集中力と向学心が芽生えて行くことを発見します。

 モンテッソーリは、このように子どもを正常化させる活動の過程を「活動の周期」と呼びました。それは「自由に選ぶ→繰り返す→集中する→充実感や達成感をもって終わる。」という4つのステップです。この四つのステップを踏みしめたとき子どもは内面から変わり、善さを現し、自立していきます。モンテッソーリはその様子を次のように述べています。「専心のうちに行った仕事を終えたあとの幼な児たちは、いつも真の安息感を得、また内面的には強められた人のように見えます。なぜならこのようなことがあったあと、きまってみんなに対してとても親切になり、喜んで他人を助け、また良い子でありたいという願いで一杯になるからです。」

        [ 自由の保障と整えられた環境による教育 ]

 子どもたちに自発的な活動に取り組む自由を保障し、そのために「整えられた環境」を準備します。「整えられた環境」とは、次の4つの要素を満たすものです。

(1)子どもが自分で自由に教具を選べる環境構成。
(2)やってみたいなと思わせる、おもしろそうな教具。
(3)社会性・協調性を促すための、3歳の幅を持つ異年齢混合クラス編成。
(4)子どもそれぞれの発達段階に適した環境を整備し、子どもの自己形成を援助する教師。
※モンテッソーリ教育においては、教師は「教える人」ではなく、子どもを観察し、自主活動を援助する人的環境要素です。




      第17回 ペアレントセミナー

     「自発的で意欲のある子に育てるために」
     〜 モンテッソーリ教育から学ぶ 〜


 日時) 2009年 4月19日(日)
     午後2:20〜3:50(開場2:00)

 場所) 加古川総合文化センター 第1会議室(2F)  *下記地図参照

 参加費) 無料 *どなたでも参加できます

 講師) 長谷川満(家庭教師システム学院 代表)

 主催) 家庭教師システム学院 079(422)8028 

  *いかなる勧誘も一切行っておりませんので安心してご参加下さい




   
posted by 長谷川 at 13:29| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

第17回ペアレントセミナーのお知らせ


           第17回 ペアレントセミナー

         「自発的で意欲のある子に育てるために」
          〜 モンテッソーリ教育から学ぶ 〜


 「うるさく言い過ぎた私たちが悪かったのでしょうか。でも、言わなければあの子は何もしようとはしなかった。」
 これは10年以上引きこもりの息子さんをお持ちのお父さんの言葉です。
 言わなければ何もしようとしない・・、言わなければ勉強しようとしない・・。
 私が日々、接している保護者の方々からも、この言葉はよく耳にします。
 どうすれば、子どもたちは自分から意欲的に物事に取り組むようになるのでしょうか。
 その答えの一つが今回のセミナーで紹介するモンテッソリー教育です。

 マリア・モンテッソリーは「子どもは自らを成長・発達させる力(自己成長力)を持って生まれてくる。親や教師は、子どもの要求を汲み取り、自由を保証し、子ども達の自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」という考えを持っていました。
 「自立していて、有能で、他人への思いやりがあり、学び続ける姿勢を持った人間を育てる」それがモンテッソリー教育の目的です。
 そのためには、親や教師はどうあればよいのか。
 それをみなさんと一緒に考える機会にしたいと思っています。


           
 日時) 2009年 4月19日(日)
     午後2:20〜3:50(開場2:00)

 場所) 加古川総合文化センター 第1会議室(2F)  *下記地図参照

 参加費) 無料 *どなたでも参加できます

 講師) 長谷川満(家庭教師システム学院 代表)

 主催) 家庭教師システム学院 079(422)8028 

  *いかなる勧誘も一切行っておりませんので安心してご参加下さい


 
posted by 長谷川 at 12:24| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

明日は「ペアレントセミナー」

 明日 2月15日(日)はペアレントセミナーです。
 もし、おひまでしたらおいで下さい。お待ちしています。


  第16回 ペアレントセミナー

      「人間が成長するとはどういうことか」
         〜発達心理学から学ぶ〜


 子どもは、ある一定の道すじに沿って段階的に成長することが知られています。
 乳児期(0〜2歳)、幼児期(3〜6歳)、児童期(7〜12歳)、思春期(13〜17歳)の子どもたちはその時期特有の特徴を示します。教育にあたるものは、その特徴をよく理解し適切に対応していく必要があります。
 たとえば幼児期の子どもは何でも自分でやろうとしたり、時には甘えてお母さんにしてもらいたがったり、矛盾した態度を見せることがありますが、手間はかかっても子どもの気持ちに合わせて対応してあげれば、自然に身の回りのことも出来るようになっていきます。
 また、思春期の子どもは親に対して反抗的になりがちですが、言うことを聞かないからといって上から押さえつけるような対応は好ましくありません。かまい過ぎず距離をおいて見守っていくぐらいがいいでしょう。
 今回はこういった子どもとの関わりだけではなく、30代、40代、50代といった時期の特徴についても考察し、人生全般にわたって「人間が成長するとはどういうことか」ということも考えていきたいと思っています。



  日時)2月15日(日)午後2:20〜3:50 (開場 2:00)

  場所)加古川総合文化センター 第1会議室 (地図参照)

  主催)家庭教師システム学院  079(422)8028

  参加費) 無料 (どなたでも参加できます)


 


posted by 長谷川 at 17:40| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

第16回 ペアレントセミナーのお知らせ


       第16回 ペアレントセミナー

      「人間が成長するとはどういうことか」
         〜発達心理学から学ぶ〜


 子どもは、ある一定の道すじに沿って段階的に成長することが知られています。
 乳児期(0〜2歳)、幼児期(3〜6歳)、児童期(7〜12歳)、思春期(13〜17歳)の子どもたちはその時期特有の特徴を示します。教育にあたるものは、その特徴をよく理解し適切に対応していく必要があります。
 たとえば幼児期の子どもは何でも自分でやろうとしたり、時には甘えてお母さんにしてもらいたがったり、矛盾した態度を見せることがありますが、手間はかかっても子どもの気持ちに合わせて対応してあげれば、自然に身の回りのことも出来るようになっていきます。
 また、思春期の子どもは親に対して反抗的になりがちですが、言うことを聞かないからといって上から押さえつけるような対応は好ましくありません。かまい過ぎず距離をおいて見守っていくぐらいがいいでしょう。
 今回はこういった子どもとの関わりだけではなく、30代、40代、50代といった時期の特徴についても考察し、人生全般にわたって「人間が成長するとはどういうことか」ということも考えていきたいと思っています。



  日時)2月15日(日)午後2:20〜3:50 (開場 2:00)

  場所)加古川総合文化センター 第1会議室 (地図参照)

  主催)家庭教師システム学院  079(422)8028

  参加費) 無料 (どなたでも参加できます)


 


   
posted by 長谷川 at 10:57| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

プラス思向が意欲を育てる

 あさって7日 日曜日はペアレントセミナーです。
 今回のテーマは「親学のすすめ 〜プラス思向が意欲を育てる〜 」です。
 僕なりの親学の紹介と共に、プラス思向になるにはどうすればいいのかについてお話する予定です。お子さん連れでも大丈夫です。お時間がある方は是非おいで下さい。


      第15回 ペアレントセミナー

    「親学のすすめ 〜プラス思向が意欲を育てる〜 」

  日時) 12月7日(日) 午後2:20〜3:50(開場2時)

  場所) 加古川総合文化センター 第一会議室(2階) 地図参照

      *どなたでも参加できます。(参加費無料)

  主催・問い合わせ) 家庭教師システム学院 (079)422ー8028

  

  
 
posted by 長谷川 at 12:24| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする