2017年07月23日

安心、愛情、ありのまま、3つの「あ」が子どもの発達を助ける


うちのめいちゃん。

 うちのめいちゃんと言っても、一緒には住んでいません。

 めいちゃんは娘夫婦と一緒に暮らしています。

 僕にとっては初孫。

 現在、3歳半の女の子です。

 めいちゃんはこの暑い時期にもかかわらず、半袖Tシャツの下には黒い長袖のシャツを着ます。
 ほぼ毎日着る服は同じです。

 服に対して強いこだわりがあります。

 20170616_112011.jpg

 偏食もあります。

 偏食はありますがいたって元気です。

 おむつはまだ取れそうな気配はありません。

 言葉は2語文は喋りますが、他の子と比べるとちょっと遅いかな。


 心配しだせば、いくらでも心配なことはあるでしょう。


 でも僕も娘もあまり心配していません。

 めいちゃんの可愛さを満喫し、幸せな気持ちで毎日暮らしています。

 そのままに愛され、可愛がられ

 めいちゃんはとっても幸せな子どもです。

 そして周りを幸せにしてくれる子どもです。

 めいちゃんが僕たち娘たちにプレゼントしてくれている「幸せ」や「可愛さ」や「喜び」をたくさん受け取っています。

 めいちゃんは幸せを運んでくれる天使みたいなものです。



 僕も娘もめいちゃんの服へのこだわりや偏食を直そうとは考えていません。
 無理におむつを外そうとも思っていませんし、
 もっと言葉をしゃべれるようにと特別な努力もしていません。

 めいちゃんはめいちゃんが着たいものを着ればいいし、食べたいものを食べればいいし、食べたくないものは食べなくていいのです。

 なぜか?

 めいちゃんに安心してほしいからです。

 安心して、幸せや愛情をいっぱい感じてもらいたいと思っています。

 それがめいちゃんにとって一番幸せで、一番発達を助けると考えています。



 安心・愛情・ありのまま


それら3つの「あ」が揃ったとき、自己成長力は最も活発に働くのです。



 
posted by 長谷川 at 13:53| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: