2017年05月23日

子どもに一番言ってはいけない言葉


















   「甘えるな!」



 子どもは甘えの欲求を満たされることによって心が満たされ、より自立しやすくなります。

 甘えられることによって何が育まれるのか?

 子どもが幼ければ愛着形成であり、少し大きくなってからは安心感です。
 これらが元となって子どもは「信頼する」ということを肌で学ぶのです。
 この世界(社会)を信頼できるためには、まず一番身近な親を信頼できなければなりません。

 子どもの心が健康に育っていくためには、
 「愛されている」「安心できる」「信頼出来る」と感じていることが大切です。

 子どもが安心して甘えられる時、それらを感じているのです。



 十分に甘えられて育った人は、深傷にならないうちに人を頼り、
 人に助けを求められます。
 そのおかげで自己破産することもなく、過労で倒れることもありません。
 人に助けてもらいながら、人のお役に立って働くことができるのです。


 よく「人に迷惑をかけるな。迷惑をかけなければ何をしようと自由だ。」という人がいますが、この社会は「助け合い」の社会であって、それは「許し合い」であり、時には人に迷惑をおかけし、時には人のお役に立ったり、そういう「支え合い」こそが社会だと思うのです。

 人に助けてもらう必要がある時は、ちゃんと「助けて」と言えるだけの世間に対する信頼感が培われていることは社会人として、とても大切なことです。

 「甘えるな」と言われ続けた子どもは、「どうせ誰も助けてはくれない。世間は冷たいんだ」という思いが染み込んでいて、人の助けが必要になっても「助けて」の一言が言えない大人になってしまうのではないかと思います。

 そしてその子が親になった時に、自分の子どもに対しても同じようなことを言い、同じような心を植え付けてしまわないかと思うのです。

 子どもが甘えてくれる、頼ってくれる。
 これは、親がそれを受け止めてくれると信じているからで、
 子どもが今すでに持っている「信頼する」気持ちを大切に育んでいく。

 「いつでも甘えていいんだよ」「いつでも頼っていいんだよ」
 そう言われると
 「いつでも甘えられる」「いつでも頼ることができる」と安心できるので、
 やれるところまで自分でやってみようと健全な挑戦意欲が湧いてきて、
 自分でやってみたら「できた!」
 すごいじゃないと褒められた!
 そんな風にして自立心は育つのだと思います。



posted by 長谷川 at 18:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: