2016年09月23日

岐阜県海津市から講演会の感想が届きました


 先日9月3日に岐阜県海津市文化センターでありました西濃地区PTA指導者研修会での講演(その様子・内容はコチラhttp://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/441596686.html)の感想が届きました。いつもこうして講演会の感想をいただきその喜びの声に接しられることを大変ありがたく感じています。
 その一部をご紹介させていただきます。


 西濃地区PTA指導者研修会の参加者の感想


○改めて子育ての喜びを感じられる時間でした。許し、許され、これから日々親子で大切な時間を過ごしたいと思います。

○自分に思い当たることがたくさんあり、途中で涙が出てきました。子育てで悩んでいることや、しまったなと思うことがたくさんありましたが、このままでいいんだ、でも、子どもたちに、「あなたのことが大好きだよ」とちゃんと伝えていきたいと思います。

○今の自分はマイナスの言葉ばかりを子どもにかけています。自分が変われば子どもが変わる! 今日からありのままの子どもを受け入れ、愛情を込めて育てていきたいと思いました。とてもよいお話で感動しました。

○自分のだめなところを許す。自分が許せたら子どもたちも許せる。救われました。

○講師の笑顔が素敵でした。私も笑顔を心掛け生活していきたいと思います。子どもや家族に感謝の気持ちがわきました。

○両親との関係、夫婦との関係が子どもに伝わることに少しドキッとしました。ありのままの姿を愛することをしたいと思います。

○いつも気付かず行っていた自分の子どもに対する言動について考える機会ができました。自分を許すことを心掛けたいと思います。

○先日、期末テストで思わしくない結果をとってきた中3の娘にきつい言葉をかけ、泣かせてしまいました。深く反省させられました。子どもの力を伸ばすために、言葉かけや接し方を変えていかなければならないと思います。

○ダメ母、だらしない母ですが、今のままの自分でいいんだと言ってくださり、肩の荷が下りました。仕事、育児、看護に頑張っていきたい。

○普段、子どもにかけている自分の言葉がマイナスのことばかりだと気付かされました。これからはプラスの言葉がけを心掛けていきたいです。

○講師の先生のように常に笑顔で子どもに接していけたらいいなあと思います。「なんで〜」という言葉を減らしていきたいです。

○自分の胸の中にある内なる自分の気持ちに気付いたり反省したり、とにかく涙が止まりませんでした。プレゼントされた詩はまさに自分に必要な言葉でした。素敵な言葉をたくさんシャワーのようにかけていただき、日々、子どもに還元していきたいと思います。

○講演を聞いてよかったです。自分の中で何かうまくいかない子育てや毎日の暮らしなどモヤモヤしていたのがすっきりしました。子どもをもてたということだけで私たちはすごい幸せなのだと気付きました。

○毎日の自分の生活、子育てを見直すのにとても参考になりました。

○生まれてくれただけで十分なはずが、いつの間にか耳障りな言葉が多くなっていたことに気付かされました。早く帰って子どもたちに会いたいです。

○「子どもをありのままに愛すること、それは自分が愛されること」という言葉に心が洗われました。

○何度か講演を聞いたことがありますが、自然と涙が出てきたのは初めてです。他の方のエピソードを聞き、自分自身を振り返るところがたくさんありました。また、「私自身のダメなところを直さなくていい、許してあげる」という言葉がすごく心に響きました。自分のダメなところを許し、子どものダメなところも許し、親子で成長したい。無条件の愛を大切にしていきたいです。


 
 今後もさらにより良い講演を目指して精進してまいります。
 

posted by 長谷川 at 11:38| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: