2016年09月03日

岐阜県海津市文化センターでの講演会


 今日9月3日(土)は岐阜県海津市文化センターで西濃地区PTA連合会主催の講演会でした。
 テーマは「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
 聞いてくださるのは西濃地区PTAの皆さま約600名です。

DSC_0096.JPG

 子どもを伸ばしてくれる家庭教師の先生には共通点があります。
 それは子どもとのコミュニケーションが良好だということです。
 いい家庭教師というのは、子どもが先生が来てくれるのを楽しみにしている。
 先生に勉強を教えてもらったり、おしゃべりするのが楽しい。
 指導後、子どもの顔色が明るくなる。
 そういう家庭教師の先生は間違いなく成績は上がります。

 また家庭教師をされて成績が伸びる家庭にも共通点があります。
 子どもが素直に甘えられている。甘えが出せている。
 親も子もよく笑う。
 親子の仲がいい
 そういう家庭の生徒さんはよく伸びます。

 つまり子どもは親や先生との関係が良好であればあるほど意欲的になるということです。ではどういった親子関係が子どもの自信と意欲を引き出し、子どもを幸せに伸ばすのか。

 それは「あたたかくて信頼し合える親子関係」です。

 その「あたたかくて信頼し合える親子関係」とはどのようなもので、どのようにすればそれを築いていけるのかを「親学10か条」の資料を元にお話ししていきます。

DSC_0095.JPG

     < 親学10か条 >

  1、 子どもの自己成長力を信頼する。
    (信じて待つ)
                  
  2、 ありのままを愛する。
    (そのままのあなたが大好き)

  3、 子どもを尊敬する。
    (もうすでにあなたは素晴らしい)

  4、 子どもを親の思い通りに育てようとしない。
    (自然にお任せする)*子どもは親の作品ではない

  5、 子どもの思い、ペース、自由を大切にする。
    (あなたはあなたのやりかたで、あなたのペースで)

  6、 家族が仲良くする。
    (許し合う、笑い合う、かたいことは言わない)

  7、子どもの話を聴く
    (関心を持つ)

  8、子どもの存在を喜ぶ。
    (生まれてくれてありがとう)

  9、 親が幸せである。
    (笑顔と感謝を持って暮らす)

  10、家をのんびりできる場所にする。
    (心が安らぐ居場所)


 
 具体的な事例や絵本などを使ってお話ししました。
 講演の中で曲「手紙 〜親愛なる子どもたちへ〜」をかけました。

 

 講演の終わりに小田和正さんの曲「たしかなこと」にのせて100種類のそれぞれ違う詩を皆さんにプレゼントしました。

DSC_0118.JPG

 皆さん、熱心に聞いてくださいました。
 本当にありがとうございます。
 お世話くださった役員の皆さん、ありがとうございました。
 もし今日の講演会に参加されてこのブログをご覧になられている方がおられましたら、講演の感想等コメントいただけたらとても嬉しいです。
 また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

 
 詩のプレゼントの際、ある方からお手紙をいただきました。そのお手紙の内容がとても素敵だったので、もしこのブログをご覧になられていましたら、お手紙の内容をブログに載せる承諾をコメントでいただけませんか。HRさん、よろしくお願いします。もちろん匿名にさせていただきます。
 

posted by 長谷川 at 18:00| Comment(4) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長谷川先生、今日は心が軽くなる、そして前向きになれるお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
今までブログや本を読むことしか出来なかったのが、今日は同じ空間で直接お話が聞けて、本当に感激でした。
早速ブログも拝見させていただきました。
急にお渡ししたお手紙で、まともな文章でもなくお恥ずかしい限りですが、ブログで紹介していただけるのでしたら、こんな光栄なことはありません。是非、よろしくお願いします。(HR)
Posted by RRR at 2016年09月03日 19:03
RRRさん

ほんとですか?
ありがとうございます。
いや〜、本当に嬉しい手紙でした。
渡してくださってありがとうございます。
お会いできて嬉しかったです。
Posted by はせがわみつる at 2016年09月03日 19:19
本日は、素敵な講演をしていただき、ありがとうございました。一役員として協力していて、自校からの出席者と話すタイミングが無かったのですが、帰ると、参加していた皆さんから、とっても良かった、今日のお話が聞けてよかったと、たくさん声をいただき、また、頂いた詩を皆で共有しました。

主人が帰り、先生の、

口にしてはいけない言葉を、口にしてしまった時でも、子供は必ず許してくれる

という話や、

生まれる瞬間に思っていた、健康☆という純粋な願いだけでいいんだと言う話をしました。

子どもたちと向き合う姿勢を、こうやって夫婦で話してリセットすることの大切さを感じたところです。

すごく素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
Posted by 単P12 at 2016年09月03日 19:35
単PNo12さん

コメントありがとうございます。

>子どもたちと向き合う姿勢を、こうやって夫婦で話してリセットすることの大切さを感じたところです。

それは素晴らしいことです。

>すごく素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

こちらこそ嬉しいコメントありがとうございました。
Posted by はせがわみつる at 2016年09月03日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: