2016年07月05日

岡山県津山市での講演会の感想が届きました


 先日6月16日に岡山県津山市でありました岡山県北部地区の幼稚園・小中学校のPTA指導者研修会の感想を送っていただきました。
 こうしてみなさんの喜びの声を届けていただけると本当に幸せな気持ちになります。
 よし頑張ろうと勇気も元気も湧いてきます。
 送っていただいた津山教育事務所 生涯学習課のみなさん、本当にありがとうございました。



        「PTA指導者研修会」アンケートより


○講演に胸を打たれました。早く家に帰って子どもの話を聴きたいと思いました。今のままの自分 で大丈夫という言葉にも大きく励まされました。感謝の言葉をどう伝えれば良いのか分らないく らい感動しました。幸せであることに気づき、笑顔でいたいです。

○講演を聴いて、イライラしていた気持ちが落ち着きました。自分を急に変えることはできなくても、 聴いたことを少しでも役に立てていきたいです。

○一人一人にいただいた詩、有り難く読ませていただきました。大切にします。

○今、まさに直面している子育ての悩みが楽になりました。とにかく、日常の私の言動を心から反 省しました。自分は不幸なのではなくて幸せだということもわかりました。人は考え方や心がけし だいで幸せになれるのですね。本当に来て良かったです。ありがとうございました。

○長谷川先生のお話されたことは、現代社会において重要なことだと思いました。子どもへの 接し方を考えなければと思いました。とてもためになりました。ありがとうございました。

○講演を聴いて、改めて子どもへの愛情について学ぶことができ、目頭が熱くなりました。この気 持ちを忘れないように、これからも長谷川先生のブログを参考にさせていただきたいと思いま す。

○子どもの問題は親自身がかかえる問題と大きく関わっているということがよくわかりました。子ど もにプラスの声かけをしていきたいと思います。

○子育てをする上で、気がつかないうちに子どもを傷つけてしまっていないかと反省しました。ポ ジティブな言葉かけで、子育てを楽しんでいきたいです。

○講演を聴いて、今日帰ってから、「そのままの○○ちゃんが好き。」と伝えてハグしようと思いま した。自分のダメな所もそのまま許して受けとめようと思いました。笑顔でいることで幸せになれ るのだと感じました。

○私はいつも不幸でイライラして、「ああ、子どもなんて産まなきゃ良かった。」といつも思っていま した。講演を聴いて、少し思い直すことができました。また、先生にお会いしたいです。

○親が理不尽に子どもを怒っても、子どもは親を許し、愛してくれているという言葉がすごくズ ッ としました。ありがとうございました。

○講演では、自分の普段の子どもに対しての関わり方がマイナスの声かけばかりだったと改めて 感じました。「待つ」ということは忍耐がいることではありますが、頑張ってみたいです。





posted by 長谷川 at 12:53| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: