2016年02月27日

明日28日(日)14:20から加古川総合庁舎で第41回ペアレントセミナーがあります


 明日2月28日(日)は加古川総合庁舎1階「かこむ」で午後2時20分から第41回ペアレントセミナー「愛の子育て、エゴの子育て」があります。
 今回のペアレントセミナーは長谷川満の教育思想の最も本質的な部分についてお話しする予定です。
 もしお時間がありましたら是非来て下さい。
 今回はお見逃しなく。


       < 予告編 >
 
  
 < 愛の心 >      < エゴの心 >  

   つなぐ         分ける
   愛する         損得を考える
   信じる         疑う
   任せる         管理する
   共感する        意見する
   許す          許さない
   受け入れる       拒絶する
   楽しむ         努力・我慢する
   自己実現        自己安全

 愛は2つのものを1つにする力、引きつけ合う力、引力みたいなものです。
 それに対してエゴは1つのものを2つに分ける力、自分から引き離す力、違いを見つける力です。
 エゴ(自我)の力によって違いを認識し、比較し、レッテルを貼り、分類することが出来るようになります。これは自分の頭で考え、結論を得て、行動できる力となります。エゴ(自我)の力は自立する力でもあります。子どものエゴ(自我)を健全に育て、支えるのが親の愛の心です。



 
         愛の子育て    

    1、いい子にしようとしない
    (あなたでいい、あなたがいい)

    2、甘えを許し受け入れる
    (あなたもわたしもダメでいい)

    3、自然にお任せする
    (私には何もできません)

    4、愛や喜びや幸せを受け取る
    (私の許に生まれてくれてありがとう)

    5、自分のエゴに気づく
    (「あなたのため」は自分のため)





   第41回ペアレントセミナー
  「愛の子育て、エゴの子育て」


 DSCN1800.jpg
 
 親には2つの心があります。
 一つは子どもをやさしく見守り慈しむ愛の心です。
 もう一つは、子どもを親の思い通りに育てようとするエゴの心です。
 子どもが小さいうちは愛の心で育てられていても、子どもが幼稚園に行く頃には、他の子と較べて「◯◯がおそい」などの不安や心配からいらないことをしてみたり、少しでも頭が良くなるようにとこれまた余計な練習や習い事をさせてみたり・・。
 そういう不安や親の欲から「子どものために」とすること。
 それこそが親のエゴです。それは決して子どものためになりません。
 エゴの心ばかりで関わると、自信のない子や親を信頼出来ない子に育ってしまいます。
 「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分で、ありのままの子どもを愛し育てていく。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」
 これが「愛の子育て」であり、私が提唱している「無為の子育て」です。
 今回のペアレントセミナーは、「子どもにとって本当に幸せな子育てとは何か?」「どうすれば親のエゴを止めて愛の心で子どもに接することが出来るか?」についてお話ししていきます。


       < 第41回 概要 >

     参加費)1000円(高校生以下無料)
    参加資格)どなたでも参加出来ます。
      日時)2月28日 (日)
         PM 2:20〜3:50 (開場 2:00)
      場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」
         講座研修室                      
      主催)家庭教師システム学院
  お問い合わせ)079-422-8028
 
 
 
posted by 長谷川 at 11:57| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: