2015年10月05日

詩 「 信じる 」


 未来を信じられるのは
 人を信じられるから

 人を信じられるのは
 自分を信じられるから

 自分を信じられるのは
 お母さんを信じられるから

 お母さんは
 どんなことがあっても
 自分の味方でいてくれると
 信じられるから

 信じる気持ちはつながっている
 一つ信じられるなら全部信じられる
 信じるとは全部信じること

                    by はせがわみつる
 

 

 「信じる気持ち」て全部つながっているように思います。
 未来を信じられないのは、人を信じられないからで、
 人を信じられないのは、自分を信じられないから。

 では、信じるってことのはじめにあるものって何でしょう?

 僕はお母さんの愛なんじゃないかなあって思います。

 お母さんが愛してくれる「ワタシ」はきっと愛される価値のある存在なんだ、
 お母さんが大切にしてくれる「ワタシ」はきっと大切な存在なんだ、
 そんなふうにして子どもは自分を信じられるようになるのでしょう。

 信じる気持ち。
 それは人と人とをつなぐ働きもしています。
 子どもと母親の間も「愛情」だけでなく「信じる気持ち」が二人をつないでいます。
 
 信じる気持ちが人と人とをつなぎ、それが未来や希望へとつながっていきます。
 

 
 
posted by 長谷川 at 16:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: