2014年04月26日

詩 「 子どもを持つこと 夢を持つこと 」



 子どもを持つことは夢を持つこと

 そこに喜びが生まれ

 希望が生まれる


 子どもを育てることは夢を追いかけること

 悩みや不安の中で

 信じ続けること


 子どもが巣立つときが夢が叶うとき

 たくさん笑った 
 
 たくさん泣いた

 今その一つ一つが報われる

 すべてがそのままで祝福される

 
 子どもを持つことは夢を持つこと

 子どもを育てることは夢を追いかけること

 
 夢に生きることは自分を生きること
 

                  by はせがわみつる

 


 
posted by 長谷川 at 15:11| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長谷川先生、突然に相談したいことがあります。じつは、長男の息子が、他人様に迷惑をかける行為をしました。
サッカーを公園でしていて、道路の通行中の車にボールが当たってしまいました。




その時、すぐ、謝らず、怖くなり、逃げていて
情けない行動をしていました。
その行為が情けなく、悲しかったです。
後から、謝りましたが、最初から、素直に謝って欲しかった。この、現実をどう受け止め、
対応したらいいのでしょうか?
親として、情けないやら、でも、息子にも、
怒りました。言い訳をしないで、受け止め、
今日は、寝たいと思います。
私も息子も気持ちの上で、立て直しが、出来るでしょうか?こんな時、どうしたらいいですか?幸い、けがは、なく、すみました、











Posted by ひだようこ at 2014年05月10日 02:07
ひだようこさん

間違えずに大きくなる子はいません。
また間違えずに子どもを育てられる親もいません。
親も子も間違いながら成長していくのだと思います。
そしてそれでいいんですね。

>その時、すぐ、謝らず、怖くなり、逃げていて

僕もそういう子でした。気持ちはよくわかります。
「そういうときは逃げないで、ちゃんと謝らないといけないよ」と教えてあげればそれで十分です。
情けなく思う必要はありません。

後から謝ったのなら、それで100点です。
言うことはありません。

子どもにも自分にも完全を求める必要はありません。
至らない点があってもいいのです。
正しくないところがあっても、欠点があってもいいのです。

至らない所のあるそのままの自分を受け入れ、そのままの子どもを愛して、そのままの子どもの素晴らしさを見て育てるなら、それで100点満点の子育てです。

自己批判は百害あって一利なしですから、今日から自分も子どもも許して、楽に楽しくやっていって下さい。


Posted by 長谷川 at 2014年05月10日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: