2017年05月18日

夫婦喧嘩をした時に絶対言ってはいけない言葉、してはいけないこと


 夫婦喧嘩した時に絶対言ってはいけない言葉













 「もう離婚しよ」
 「結婚したのが間違いやった」

  など二人の結婚を否定するような言葉は絶対言ってはいけません。
 夫や妻に「あなたとなんか結婚しなきゃよかった」というのは
 子どもに「あんたなんか産まなきゃよかった」と言ってるのと同じです。
 それほどひどい言葉だし、相手の存在を全否定する言葉です。
 でも、それを自覚できている人は少ないように思います。








 夫婦喧嘩した時に絶対してはいけないこと








 




 「一切口をきかない完全無視」

 これは夫婦が罵り合うよりも破壊的です。
 これを多用すると離婚になるか、家庭内別居になるか、
 どっちにしても不幸な結果になります。
 でも、これをしちゃう奥さん意外と多いんじゃないかな・・。
 もし、そうだったら今日からやめましょう。
 

 どんなに喧嘩したとしても「おやすみ」を言って寝る。
 次の朝は必ず自分から「おはよう」「行ってらっしゃい」を言う。
 できるだけ早く自分から「ごめんなさい」を言う。

 夫婦喧嘩は避けられないとしても
 それを引きずらないこと、大きくしないことが大切です。




           <まとめ>

 夫婦になったらお互い結婚を否定するような言葉は絶対言わない。
 そしてどんなに喧嘩しても挨拶は欠かさない。完全無視はしない。








posted by 長谷川 at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする