2017年02月23日

飛梅(とびうめ)伝説 〜さだまさしの歌にも「飛梅」というのがありましたね〜


 東風(こち)吹かば  匂ひおこせよ  梅の花

          主なしとて  春を忘るな



 これは学問の神様で知られる「天神さま」こと菅原道真(すがわらのみちざね)公の和歌です。
 道真 公は藤原氏との政争に破れ、都から九州の太宰府へと追いやられることになります。

 今日はいよいよ京の都を発たなければならない、その時になって何故か気にかかるのはずっと可愛がっていた庭の梅の木でした。いつも、まだ寒く、春はいつ来るのか・・、そんな時に小さな白い花を咲かせ春が近いことを教えてくれた梅の木、その清々しい香りで心を慰めてくれた梅の木・・。
 思い起こせば、いつもこの梅と共に春を迎えたのであった。
 梅の花が咲き、その匂いに春を感じたのであった。
 その梅の木を残して、都を去らなければならない・・。
 道真 公はなんともやりきれない切ない気持ちになるのでした。

 今はもう おまえと別れてしまわなければならない。でも東風が吹いたなら必ず花を咲かせ、匂いおこしておくれ。どんなに遠く離れていようとも、おまえのその香りは私にまで届いて私を慰めてくれるだろうから・・。
 その気持ちを詠んだのが、前述の歌です。
 

     東風(こち)吹かば  匂ひおこせよ  梅の花

          主なしとて  春を忘るな


 悲しみと失意のうちに都を離れ、九州の太宰府へと向かった道真 公。
 そして太宰府に着いたのは春まだ遠い2月の半ば。
 「ああ、あの梅の花は咲いているであろうか」
 そんなことをふと思いながら眠りにつきました。
 翌朝、道真 公は驚きます。

 朝、庭にふと目をやると、都に残してきたはずのあの梅の木が白い花をつけて立っているではありませんか。
 梅の木は道真 公を恋しく思うあまり、一夜のうちに京の都から九州の太宰府まで飛んできたのでした。
 道真 公は感激し、思わずその梅の木を抱きしめたといわれています。

 今でも道真 公を祀ってある太宰府天満宮には、その時の梅の木(の子孫)が「飛び梅」として残されています。
 そして今も2月になれば白い花をつけ、清々しい香りで春が近いことを知らせてくれているということです。

 

 いつになったら暖かくなるのか?
 春は遠いように見えても、その兆しは梅の花に、その香りにはっきりと表れています。
 「大丈夫。必ず春は来ます。」
 今は信じて安心して、春の来るを楽しみにして、春が来たらあんな所にも行こう、こんな所にも行こうと楽しい想像をしながら春を「待つ」ことにしましょう。 



                      (2009年2月27日の記事より)
posted by 長谷川 at 22:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

子育てパネルトーク「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず」


 2月5日(日)は午後2時から加古川ウエルネスパークで初めての「参加型子育てパネルトーク」を開催しました。
 26名の方が参加してくださいました。

 20170205_140513.jpg


 今回の子育てパネルトークは参加してくださった皆さんの悩みや質問を受けて、4人のパネラーと参加者が双方向でやりとりしながら答えを見つけていくといった形式で進めていきました。

 パネラーは僕の他には、ほるぷ絵本館の代表である星野由香さんとかわい音楽村を主宰されている河合ご夫妻です。

 和久洋三のわくわく創造アトリエ・加古川プレイルーム「ほるぷ絵本館」

 かわい音楽村

 20170205_140552.jpg
 

 最初に河合夫妻によるチェロの演奏があり、豊かな穏やかな気持ちになってパネルトークがスタートしました。

 20170205_140944.jpg

 最初はおばあちゃんからの質問でした。
 しっかり者で甘え下手なお姉ちゃんと、甘え上手な弟くんをお持ちのお母さん(娘さん)がおられるそうで、ついついお姉ちゃんはほったらかしというか、甘え下手だからお母さんと衝突することも多いし、そういうのってどうなんでしょう?というお悩みがありました。

 兄弟の一番上の長女って、ついついそんなことになりがちですよね。
 損な役回りですよね〜。
 一番上のお姉ちゃんだって本当はもっと甘えたいし、いっぱい褒めて欲しいし、好きでしっかり者やってるわけじゃない。少しでもお母さんの力になろうとして、少しでもお母さんを助けようとして、精一杯自分でやれることは自分でやってるうちに自分でやれるようになって、でもちょっとはやっぱり甘えたくて、甘え上手な下の弟や妹が羨ましいような憎たらしいような。弟や妹は何でもかんでも泣いたらお母さんにかばってもらえると思っていて、泣いたらいつでも私が悪いことになって、譲らなあかんことになって、本当一番上って損やわー。
 
 そんな気持ちがあるかもしれませんね。
 だから一番上のしっかり者のお姉ちゃんには意識してスキンシップしたり、意識して甘やかしてあげることが大事なんだと思います。

 20170205_141403.jpg

 僕は四人兄弟でしたけれど、小学校3年生のとき万博があって夏休みに連れて行ってあげられなかったからと9月のある日、学校をずる休みしてお母さんが僕一人を万博に連れて行ってくれたという思い出があります。
 それは自分の中ではとても心が温まるお母さんとの思い出です。
 親子関係って子どもが大きくなると、どんな思い出がその親子の間にあるか、それが絆を作っているように思います。
 だからいい思い出、楽しい思い出をたくさんたくさんお子さんとの間に作ってください。
 それが親子の絆になっていきます。
 
 弟や妹が保育園に行ってる間に、お姉ちゃんだけちょっと学校をずる休みして二人っきりでUSJ行ったり、美味しいもの一緒に食べに行ったり、いっぱい甘えさせてあげたらいいんちゃうかなあ。
 これは二人だけの内緒やでって。

 
 その他にもいっぱいいろんな悩みや質問が出ました。
 1時間30分の予定が、2時間15分になりました。
 とても充実した濃い時間になりました。

 パネルトークが終わった後、本のサイン販売もさせてもらったのですが
 みなさん、肩の力が抜けました。
 楽になりました。
 ととってもいい顔で帰って行かれました。
 
 とても楽しい充実したイベントになりました。

 またやりたいと思います。

 こちらに昨日の話の内容やその感想をブログで書いてくださっています。
 ぜひご覧になってください。

 http://ameblo.jp/frauyoko-monaka/entry-12244929439.html
 
 
 http://ameblo.jp/733121010/entry-12245663889.html



posted by 長谷川 at 16:44| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

子育てのこと一緒に聞いてみませんか、話してみませんか。参加型子育てパネルトーク2月5日(日)2時からです。


 この日曜日ははどうやら雨の予報です。

 子育ての悩みや子育てについての疑問、一人で考えているよりもみんなで話し合ったら「なあんだ、みんな一緒なんだ、心配することなかったんだ」て気持ちが楽になるかもしれません。
 お母さんの気持ちに余裕ができたら、子育てももっと楽しめるようになると思います。
 
 現在、25名の方が参加申し込みされています。
 まだ人数に余裕があります。
 当日参加も大歓迎です。
 お子様連れも大歓迎です。
 小学生以上のお子さんでしたらすぐ横の図書館で本を読んでいてもらうこともできます。

 気軽に子育てのこと聞いてみませんか。
 話してみませんか。
 車で大丈夫です。大きな駐車場があります。

 < お問い合わせ>
 079(429)5288 ほるぷ絵本館 holp@ehonkan.com
 079(422)8028 家庭教師システム学院 

 DSC_0061.JPG
 
 
[ここに地図が表示されます]

posted by 長谷川 at 13:01| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」


      第44回 ペアレントセミナー  
   『アドラー心理学の子育てについて考える』
 

 image_62198_400_0-thumbnail2.jpg


 「ほめない、叱らない」
 「親子関係を横の関係に、親友に接するように子どもに接する」
 「相互尊敬、相互信頼」
 「課題の分離」

 
 今「アドラー心理学」が子育てに役立つと注目されています。
 私自身も大変共感する部分が多く、こういう子育ての考え方、親のあり方が広まることを嬉しく感じています。
 でも、アドラー心理学を崇拝するあまり子育てがノウハウ的なものになってしまって親子の自然な関係が損なわれては何もなりません。
 今回のペアレントセミナーは「アドラー心理学の子育て」の考え方を紹介すると同時に「ここはこう考えたらいいんじゃない」と私の考えも合わせてお話ししていきたいと思っています。(今回は3月11日の土曜日です)


         < 第44回 概要 >

       参加費)1000円(高校生以下無料
       参加資格)どなたでも参加出来ます。
       日時)3月 11日 (土曜日)
       PM 2:20〜3:50(開場 2:00)
       場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」
              講座研修室
       主催)家庭教師システム学院
       問合せ)079(422)8028
           ksg@gc5.so-net.ne.jp


 *ペアレントセミナー参加の方は加古川総合庁舎の駐車場を3時間無料で使用していただけます.

7c6613869eae28ad66dcdb2523b66d38.png

 

posted by 長谷川 at 17:11| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする