2017年05月23日

子どもに一番言ってはいけない言葉


















   「甘えるな!」



 子どもは甘えの欲求を満たされることによって心が満たされ、より自立しやすくなります。

 甘えられることによって何が育まれるのか?

 子どもが幼ければ愛着形成であり、少し大きくなってからは安心感です。
 これらが元となって子どもは「信頼する」ということを肌で学ぶのです。
 この世界(社会)を信頼できるためには、まず一番身近な親を信頼できなければなりません。

 子どもの心が健康に育っていくためには、
 「愛されている」「安心できる」「信頼出来る」と感じていることが大切です。

 子どもが安心して甘えられる時、それらを感じているのです。



 十分に甘えられて育った人は、深傷にならないうちに人を頼り、
 人に助けを求められます。
 そのおかげで自己破産することもなく、過労で倒れることもありません。
 人に助けてもらいながら、人のお役に立って働くことができるのです。


 よく「人に迷惑をかけるな。迷惑をかけなければ何をしようと自由だ。」という人がいますが、この社会は「助け合い」の社会であって、それは「許し合い」であり、時には人に迷惑をおかけし、時には人のお役に立ったり、そういう「支え合い」こそが社会だと思うのです。

 人に助けてもらう必要がある時は、ちゃんと「助けて」と言えるだけの世間に対する信頼感が培われていることは社会人として、とても大切なことです。

 「甘えるな」と言われ続けた子どもは、「どうせ誰も助けてはくれない。世間は冷たいんだ」という思いが染み込んでいて、人の助けが必要になっても「助けて」の一言が言えない大人になってしまうのではないかと思います。

 そしてその子が親になった時に、自分の子どもに対しても同じようなことを言い、同じような心を植え付けてしまわないかと思うのです。

 子どもが甘えてくれる、頼ってくれる。
 これは、親がそれを受け止めてくれると信じているからで、
 子どもが今すでに持っている「信頼する」気持ちを大切に育んでいく。

 「いつでも甘えていいんだよ」「いつでも頼っていいんだよ」
 そう言われると
 「いつでも甘えられる」「いつでも頼ることができる」と安心できるので、
 やれるところまで自分でやってみようと健全な挑戦意欲が湧いてきて、
 自分でやってみたら「できた!」
 すごいじゃないと褒められた!
 そんな風にして自立心は育つのだと思います。



posted by 長谷川 at 18:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

兵庫県たつの市立龍野保育所での講演会


 今日は午前中、たつの市立龍野保育所で講演会がありました。
 テーマは「子どもを幸せに伸ばす親学講座」です。
 聞いてくださるのは保護者の方約60名です。

 DSC_0069.JPG

  親学10か条の資料を元にお話ししました。

    < 親学10か条 >

  1、 子どもの自己成長力を信頼する。
    (信じて待つ)
                  
  2、 ありのままを愛する。
    (そのままのあなたが大好き)

  3、 子どもを尊敬する。
    (もうすでにあなたは素晴らしい)

  4、 子どもを親の思い通りに育てようとしない。
    (自然にお任せする)*子どもは親の作品ではない

  5、 子どもの思い、ペース、自由を大切にする。
    (あなたはあなたのやりかたで、あなたのペースで)

  6、 家族が仲良くする。
    (許し合う、笑い合う、かたいことは言わない)

  7、子どもの話を聴く
    (関心を持つ)

  8、子どもの存在を喜ぶ。
    (生まれてくれてありがとう)

  9、 親が幸せである。
    (笑顔と感謝を持って暮らす)

  10、家をのんびりできる場所にする。
    (心が安らぐ居場所)




 子どもはどのようにして発達していくか?
 それは子どもに内在する自己成長力によって発達し成長していきます。

 例えば、生後半年ほどすると子どもは寝返りを打とうとしますね、
 あれは乳児の心に「寝返りを打ちたい」という衝動が沸き起こってきて
 それで何度も寝返りを打とうと赤ちゃんは挑戦するわけです。

 そしてついに寝返りが打てるようになると
 今度は「前へ進みたい」という衝動が起こってきて
 ハイハイができるようになります。

 そしてハイハイが出来るようになると
 「立ちたい」という衝動が、
 立てるようになると「歩きたい」という衝動が、
 歩けるようになると「走りたい」という衝動が起こってきます。

 DSC_0066.JPG

 子どもはこの「成長衝動」に促されて発達していくのです。

 3歳くらいになりますと、
 ある衝動が起こってまいります。
 それは「お友達と遊びたい」という衝動です。

 そしてその「お友達と遊びたい」という衝動があるからこそ
 子どもはお友達におもちゃを貸すことを覚えたり、
 順番を待ったり出来るようになるのです。
 そうして社会性を身につけていくのです。

 だから3歳以前は別にお友達におもちゃを貸してあげられなくてもいいし、
 順番も待てなくても大丈夫なんですね。
 
 個人差もありますが4歳くらいになればそういうことも
 だんだんと出来るようになっていくわけです。

 5〜6歳くらいになりますと、
 また別の衝動が起こってまいります。
 それは「読みたい」という衝動です。

 この衝動に促されて子どもが文字を覚える時、
 そこに喜びが生まれるんですね。
 「読めた!」「読める!」という喜びですね。

 また親も子どもが字を読めるようになると、
 嬉しいですね。
 嬉しくていっぱい褒めますね。

 そうすると子どもは親が喜んでくれるのが嬉しくて
 またもっと読もうって頑張るわけです。

 自己成長力はこのように「喜び」に促されて
 どんどん引き出され、子どもは発達し成長していくのです。

 そして学習は喜びをもって始めることが大切なのです。

 
 2番目の「ありのままに愛する」では、このようにお話ししました。
 
 ありのままを愛するとは、
 やんちゃな子はやんちゃな子のまま、
 引っ込み思案な子は引っ込み思案な子のまま、
 そのままをを愛するということです。
 それは「子どもを変えようとしない」ということです。
 子どもをもっと良くしようとしないということです。

 ありのままを愛するとは結婚式の愛の誓いってありますね。
 あれです。
 ちょっと紹介します。

 「健やかなる時も病める時も、富める時も貧しき時も、喜びの時も悲しみの時も、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命がある限り真心を込めて尽くすことを誓いますか。」
 「誓います!」て言うて結婚したわけなんですけど、
 この世に永遠の愛なんてあるんでしょうか。
 あるんですね。
 それは親が子に待つ愛です。
 親はその命がある限り子どもを愛し続けます。
 だったら子どもが生まれた時にこう誓ったらどうでしょう。

 「健やかなる時も病める時も、いい子の時も悪い子の時も、言うこと聞く時も言うこと聞かへん時も、この子を愛し、この子を敬い、この子を慰め、この子を助け、時期が来たら放してやり、その命がある限り真心を込めて育てることを誓いますか。」
 「誓います!」て言うて育てたらいいんじゃないでしょうか。

 その無条件の愛が子どもの意欲、向上心、生きる力を育てます。

 ダメなところもある、弱いところもある、
 だけど自分は「そのままの自分で愛されている」。
 子どもが心からそう思えること。
 それが子どもにとってどんなに嬉しく、どんなに幸せで。
 どんなに自信がつくことでしょう。
 それが今の、そして未来の子どもの心を支えます。
 
 「そのままのあなたが大好き」
 これは親が子どもに贈ることができるプレゼントの中でも
 最高のプレゼントです。
 これこそが自己肯定感です。


 講演の最後にキロロの「未来へ」の曲に乗せてお一人お一人にそれぞれ違う詩をプレゼントしました。

 DSC_0077.JPG


 みなさん大変熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございました。
 今日の講演の感想等ありましたらコメントいただけるととても嬉しいです。
 またみなさんにお会い出来る日を楽しみにしております。

 
 7月9日(日)午後2時20分〜3時50分、加古川総合庁舎1階「かこむ」で
 第45回ペアレントセミナー「コミュニケーション能力の育てかた」があります。
 興味のある方はこちら http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/449908364.html


 長谷川満の『見方が変わる相談室』
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/448895890.html
 
 DSC_0064.JPG

 
 
 
posted by 長谷川 at 13:48| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

夫婦喧嘩をした時に絶対言ってはいけない言葉、してはいけないこと


 夫婦喧嘩した時に絶対言ってはいけない言葉













 「もう離婚しよ」
 「結婚したのが間違いやった」

  など二人の結婚を否定するような言葉は絶対言ってはいけません。
 夫や妻に「あなたとなんか結婚しなきゃよかった」というのは
 子どもに「あんたなんか産まなきゃよかった」と言ってるのと同じです。
 それほどひどい言葉だし、相手の存在を全否定する言葉です。
 でも、それを自覚できている人は少ないように思います。








 夫婦喧嘩した時に絶対してはいけないこと








 




 「一切口をきかない完全無視」

 これは夫婦が罵り合うよりも破壊的です。
 これを多用すると離婚になるか、家庭内別居になるか、
 どっちにしても不幸な結果になります。
 でも、これをしちゃう奥さん意外と多いんじゃないかな・・。
 もし、そうだったら今日からやめましょう。
 

 どんなに喧嘩したとしても「おやすみ」を言って寝る。
 次の朝は必ず自分から「おはよう」「行ってらっしゃい」を言う。
 できるだけ早く自分から「ごめんなさい」を言う。

 夫婦喧嘩は避けられないとしても
 それを引きずらないこと、大きくしないことが大切です。




           <まとめ>

 夫婦になったらお互い結婚を否定するような言葉は絶対言わない。
 そしてどんなに喧嘩しても挨拶は欠かさない。完全無視はしない。








posted by 長谷川 at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

第45回ペアレントセミナー「コミュニケーション能力の育て方」のお知らせ 7月9日(日)


DSC_0043-thumbnail2.JPG
 (第44回ペアレントセミナーの様子 2017年3月)

 子どもが社会で自立していくために一番必要なものとは何でしょう?
 その最も多い答えが「コミュニケーション能力」ではないでしょうか。

 コミュニケーション能力とは「思いを伝える力・聞く力・仲良くなる力・コミュニケーションを通じて共に成長していく力」のことです。
 それは「わかり合える関係を作る力」であり、「幸せな人間関係を作る力」ということもできるでしょう。
 そしてそれは家庭環境や親子関係によって育まれます。
  
 では、どのような家庭環境、親子関係がコミュニケーション能力を伸ばすのでしょうか。
 今回のペアレントセミナーはそれらを具体的にわかりやすく皆さんにお伝えしていきたいと考えています。

 

        < 第45回 概要 >

    参加費)1000円(高校生以下無料
    参加資格)どなたでも参加出来ます。
    日時)7月 9日 (日曜日)
    PM 2:20〜3:50
    (開場 2:00)
    場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」
        講座研修室

 7c6613869eae28ad66dcdb2523b66d38.png
     主催)家庭教師システム学院
    問合せ)079(422)8028




posted by 長谷川 at 16:17| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

いい親子関係は『いい思い出』によってつくられる


 子育てで一番大切なことってなんでしょうか?

 これは人によって違うでしょうし、正解なんてものはないと思うのですが、

 『いい親子関係』『幸せな親子関係』が築けているということではないでしょうか。

 それを持っている子どもと、それを持っていない子どもでは

 その子の人生に対する態度や姿勢が違ってくるだろうし、

 子どもの時に「幸せ」を体感できているのは

 それだけでとても幸せなことであるように思います。
 
 では『いい親子関係』『幸せな親子関係』て具体的にはどんな親子関係なのでしょう?

 ものすごく分かりやすく言うと、

 それは『いい思い出がいっぱいある親子関係』です。

 20170508173110.jpg

 親子関係が悪いのは、

 いい思い出が少なく、嫌な思い出ばかりだから。

 自分ばかり叱られた思い出、無理やりやらされた思い出、・・・。

 子どもにとってそういう思い出が多いといい親子関係は作れません。

 逆に一緒に遊園地に行って楽しかった思い出、
 お誕生日にお祝いしてもらって嬉しかった思い出、
 そういう楽しかった思い出、嬉しかった思い出が
 多ければ多いほど親子関係は良くなります。

 だから『子育て』がもしわからなくなったら、
 とりあえず子どもと楽しい思い出や嬉しい思い出を多く、
 嫌な思い出はできるだけ作らないように心がければいいんじゃないかと思います。

 それは特別なことじゃなくて、
 子どもの大好物を晩御飯に作ることや、
 子どもの話を共感して聞いてあげることや、
 一緒にテレビを見て大笑いすることや、
 子どもが小さければ、
 一緒にお風呂に入っておもちゃで遊んだり、歌を歌ったり、
 一緒に子どもの鉄棒の練習に付き合ってあげたり、
 
 そんな日常の何気ない心温まる思い出こそ
 いい親子関係につながります。


 親子関係は親、子、それぞれの心の中にあります。
 それは言ってみればイメージのようなものです。
 「お母さんは楽しそうだった・・。
  嬉しそうだった・・。
  いつも笑顔だった・・。
  でも怒ったら怖かった。
  怖かったけど優しかった。
  だって〇〇な時、いつも△△してくれたもん。」
 そういうイメージが親子関係を作っています。


 親の普段口にしている言葉、行動、行為、
 それらを原因として子どもの心の中に親のイメージがつくられ、
 子どもの心の中の親のイメージを土台にして親子関係は作られます。
 
 そう考えると親子関係って、
 自分の心の鏡みたいですね。
 
 心理学者のアドラーは「すべての悩みは人間関係の悩みである」と言いました。

 すべての幸せは、人間関係の幸せである。
 その人間関係の基になるものが親子関係である。
 だから親が子どもに与えられるものの中で
 最高のものは『幸せな親子関係』である。

                   by はせがわみつる

 




posted by 長谷川 at 17:28| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

今日で56歳になりました!


 今日5月2日は僕の誕生日です。

 56歳になりました。


 家庭教師としての目標は「長谷川先生は大好きな先生。僕のことを認めてくれて褒めてくれるし、理解しようとしてくれるし、いろんなことを教えてくれるし、いろんなことを相談できる・・、何より先生に教えてもらってから自信がついた。自分のこともいいなと思えるようになった。僕は先生が喜んでくれるのが嬉しくて、褒めてくれるのが嬉しくて、それで頑張って点数取ろうって思って勉強している。」

 そんな家庭教師になるのが目標です。



 講演の目標は「もっともっと笑いの要素を取り入れて、笑いあり、涙あり、皆さんの記憶に残る感動の講演をやっていきたい。聴き終わった後、心が軽くなって明るくなるような講演、日常を変える『気づき』をもたらすような実際的効果のある講演がしたい。」

 そんな1本の名映画のようなエンターテイメント性のある講演をするのが目標です。
 



posted by 長谷川 at 18:45| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

不登校は「もう学校に行かなくてもいいよ」で上手くいく


 子どもさんが不登校で悩まれている方の悩みは本当に深いです。

 その一番の原因は本当に親身になって相談に乗ってくれる場所がどこにもないっていうことです。

 だから一人孤独に悩まなければならない・・。

 ちゃんとした専門家に「こうすればいい」と言ってもらえたらどんなに楽か、どんなに安心できることか。

 子どもに厳しくしたらいいのか、それとも受け入れた方がいいのか、

 全くどうしたらいいかわからないまま時間だけがどんどん過ぎていってしまう。

 

 今日は不登校の悩みは「こうすればいい」とはっきり言おうと思います。

 不登校であれば「学校に行けるように」と色々言ったり、色々したりされていると思います。

 それらは方法論としては大体間違っています。

 例えるなら、

 サルとオリとバナナがあるとします。

 20170427_164607.jpg

 サルは親であるあなたです。

 バナナは子どもが学校に行くことです。
 あなたが望む状態、ゴールだと考えてください。

 そして「学校に行け、行け」ということはまっすぐバナナに突進することなのです。でもそこにはオリがあるのでまっすぐ突進しても望む状態は手に入りません。

 こういう感じです。

 20170427_164642.jpg

 バナナは目の前にあるのにオリがあって取れないので、
 オリを手でガタガタいわせたり、大きな声を出したり、
 そんなことをしても無駄なのにそれを繰り返してしまう・・。

 バナナ(望む状態)を得るためには、
 一度バナナに背を向けて、バナナから離れるような行動をとる必要があります。

 こんな感じです。

 20170427_164657.jpg

 もし、子どもに学校に行って欲しいと望むなら、
 
 「もう学校に行かなくてもいいよ」
 「そのままのあなたでいいよ」

 真心と態度と言葉でそう言ってあげて下さい。

 そして、
 もうこの子は学校になんか行かなくたっていいや、
 もう元気やったらそれでいいわと開き直って下さい。

 それがバナナ(望む状態)に背を向けることであり、バナナから離れるということです。

 バナナから離れるということはオリから離れるということでもあります。

 オリとは、常識であり、自分の価値観であり、そういう自分や子どもを縛ってきたものです。

 だから望む状態に背を向け離れるとは、自分を縛ってきた常識や価値観から自由になることでもあるのです。

 そういったものから自由になってみると、自分がずーっと恐れていたもの、人の目とか普通とか普通でないとかも本当はそんなに怖がることではなかったんだと体感できるんですね。

 「な〜あんだ、こんなもんなんだ。どっちでもいいんだ。」

 そうすると安心できるんです、親も子も。
 そしてこの安心感が子どもを元気にし、前向きな気持ちにします。

 自由と安心感。

 最も必要で足りなかったのは、この2つです。

 もし、あなたがここに書かれていることを読んで本当にその通りだと感じられたなら、是非読むだけでなく実行してみてください。

 最後に一言。

 「あなたには愛情は溢れるほどあります。
  足りないのはお子さんへの信頼です。
  あなたのお子さんは必ず自分の力で良くなります。
  それを無条件に信じ抜いてください。
  本当に信じるとは任せきることです。
  これはお子さんのミッションではなく
  あなたの『信じる』というミッションです。」
   

 

 
posted by 長谷川 at 11:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

長谷川満の「見方が変わる相談室」のチラシが出来上がりました!


DSC_0064.JPG



 不登校、発達障害の悩みには
    長谷川満の『見方が変わる相談室』


 〜問題の見方が変われば、接し方が変わります。
  その受容的な接し方が自己成長力を引き出します〜


 子どもが不登校になると、先生からは「少しでも学校に来れるように」と様々な働きかけがあります。親もなんとか学校に行かせようと説得したり、叱ったり・・。
 そうして登校するようにプレッシャーをかければかけるほど、子どもの不登校は悪化してしまいます。それはうつ病患者を叱咤激励するようなもの。悪化するのは当然です。

 それは発達障害の子どもにも言えることです。
 親がそこを直そう、直そうとすることによって、実はその特性の悪い面を悪化させてしまっているのです。

 「子どもを変えようとするのではなく、子どもへの見方を変える」
 「直そうとするのではなく、今のその子のありのままを受け入れる」

 そういう受容的・肯定的な関わりが自己成長力を引き出し子どもを変えていきます。
 子どもにとって最大の環境は『親』です。その『親のあり方、関わり方』が変わることによって、子どもは自ら成長、健全、協調へと向かう自己成長力を発揮し、子ども自身の力で変わっていくのです。


         ー 長谷川満(56)のプロフィール ー
 30年以上専門職の家庭教師として不登校や発達障害など問題を抱えた子どもたちやその家庭を指導。現在、全国の自治体やPTA、教職員団体、幼稚園、小中学校で講演活動を行う。
 「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの子育てが子どもを伸ばす」と『無為の子育て』を提唱。3人の子どもの父親。 


< 相談内容 > 不登校、発達障害、いじめ、学習など子どもの問題
< 相談料金 > 30分 3240円(税込) *10分延長につき1080円
 *電話相談も受け付けています。料金は同じです。
< お問い合わせ・お申し込み >
 家庭教師システム学院(079)422−8028 10時〜19時(日祝休み)
 メール:ksg@gc5.so-net.ne.jp  *相談は日曜日、祝日もやっています。
 まずは電話かメールで相談日時の予約を取ってください。
< 場所 > 兵庫県加古川市加古川町木村44−6 亀井ビル3階 


[ここに地図が表示されます]



posted by 長谷川 at 12:57| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

テストで10〜20点台だった生徒が全科目48点以上に伸びた理由


 僕がK君の家庭教師を始めたのは1年半前の1年生2学期からでした。

 その頃のK君のテストの点数は英語、数学をはじめどの科目も10点台か20点台。

 もちろん通知簿はほぼオール2。

 公立高校は難しい状態でした。

 勉強は全然やる気はなかったけれどとても礼儀正しい、「はい!」と元気よく返事をしてくれる生徒でした。

 でも礼儀正しい分、まだ僕には心を開いてくれていない感じでした。

 生徒のやる気を引き出すためにはまず生徒との間になんでも話せる『あたたかくて信頼し合える関係』を築くことが大切です。

 なんでも話せるほど信頼できて大好きな先生に習えば誰だってやる気になるでしょ。

 みなさんも小中学校できっとそういうことを経験されていると思います。

 そこで僕は彼にとって何でも相談できる親友のような家庭教師になろうと努めました。

 積極的に宿題を手伝う。

 積極的にテスト勉強を手伝う。

 彼のいいところ、頑張っているところをお母さんに伝える。


 とにかく彼が「助かる」と感じるような指導を心がけました。

 そして成績向上を望むお母さんの役に立ちたいのではなく、僕は「楽していい成績を取りたい」キミの味方なんだと言葉でも態度でも示し続けました。

 2年生になると少しづつ彼は勉強以外のこと、部活のことや今はまっているゲームのこと、好きな音楽や映画のこと、そういうプライベートなことを話してくれるようになりました。

 それと並行するかのように勉強に対しても少しづつ積極性が見られるようになりました。

 少しづつ、少しづつテストの点数も成績も学校の先生からの評価も上がっていきました。


 そして昨日、中3になったK君の4月の実力テストの結果が出ました。

 最高点は社会の67点。

 最低点は数学の48点。

 国語、英語、理科は全部50点台でした。


 よく頑張りました!

 1年生の頃は10点台、20点台だったのに・・、

 本当によく頑張りました。

 彼は今、自分の夢の実現のために行きたい高校があって、目標を持って勉強に取り組んでいます。

 
 僕は彼に対して一度も「やる気を出せ」と言ったことがありません。

 僕がしたのは彼が勉強面で助かると感じる手助けと「なんでも話せる信頼関係」を築くことでした。

 つまりやる気になるような精神的環境を整えるということです。

 あとは彼がやる気になってくれるのを信じて待つ。

 どこまでも信じて待つ。

 どんな時でもいい関わりを根気強く続ける。


 僕は生徒のやる気スイッチは押しません。

 やる気スイッチを押すのはその子自身です。

 そうであってこそ、そのやる気は本物となるし、

 その努力する心もその子自身の力となります。



 それが僕がいつも理想とする指導であり、

 僕はいつもその理想を持って家庭教師をしています。


posted by 長谷川 at 18:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

人の目を気にする自分を変えたい、怒りをコントロールできる自分になりたいという悩みに答える


 先日、25年以上前の教え子(42)が悩みの相談に来ました。

 「自分を変えたいんです。どうしたらいいですか?」と。

 話をよ〜く聞いてみると「自分は人の目が気になって仕方がない。会社では言うことも言えず、ストレスもたまるし、不自由で仕方がない。それで溜まったストレスを発散するように家で妻に激しく愚痴ったり、癇癪を起こしたり、自分の怒りをコントロールできないんです。どうしたらいいですか?」ということでした。

 「大丈夫。変えられるよ。」

 「え?変えられますか?」

 「うん。君が本気で自分を変えたいと思って、そのように覚悟を決めて、そのように行動すれば変えられるよ。例えば、ここに太った人がいたとして、その人が自分を変えたいと一大決心をして、運動をして、食事制限をしたら誰でも痩せられると思わへんか。」

 「はい。思います。」

 「それと一緒や。みんな絶対痩せられるねん。でも、痩せられへん人はず〜っと色んな言い訳してるやろ。結局、本気で痩せる気ないねん。でも、本気になったらみんな絶対痩せられる。そう思わへんか?」

 「そう思います。」

 「だから、君が本気で自分を変えたいと思うなら、絶対変われるよ。ところで、どう変わりたいの?」

 「やっぱり、家に帰って妻に八つ当たりしたり、癇癪起こしたりするのはやめたいです。」

 「なるほど。怒り出すと自分でも止められなくなるから、そこをコントロールしたい?てことかな?」

 「はい、そうです。」

 「怒りっていうのはさあ、一人ひとりが『こうすべき、こうあるべき』ていう常識というか、自分独自の価値観を持っていてな、その自分独自の価値観に反することをする奴がいたりすると腹が立つわけ。

 だから、『こうすべき』ていうものが多い人ほどよく怒る。
 常識的で頭が硬い人ほどよく怒る。
 だから、この『こうすべき、こうあるべき』というのを自分の頭の中から無くせばなくすほど腹が立つことが減るってことや。

 怒るってことは自分の価値観がその人とかその出来事とかその言動に反応してるわけ。
 だから腹が立ったら『自分はどうすべき』と考えているんだろうかと自分独自の価値観がどこにあるんだろうとそれを探索する。
 そうして『こうあるべき』と考えているから腹が立ったんだとわかったら、その価値観、考え方が今の自分にとってメリットが多いのかデメリットが多いのかを冷静に考えてみる。

 例えるなら価値観の『断捨離』やね。その価値観があるから腹が立つことが多いのなら捨てたらいいのね。
 『断捨離』のように声に出して『絶対に〇〇すべきなんてことはこの世にはありません。〇〇すべきは人間が勝手に作りだしたこと、自然界には存在しません。今〇〇すべきは私には不要になりました。だから〇〇すべきを私は捨てます。ポイ!』

 ポイ!まで言わなあかんで。
 それで自分の心から怒りの元を少しずつ減らしていく。
 そうすると腹が立つことが本当に減っていく。」


 「ふ〜ん・・、なるほど・・。我慢するのではなく、怒りの元になっている自分の価値観を手放していくということですね。」

 「そう!その通り!
 僕はそのことに10年以上前に気がついてそのようにしたんや。
 そうしたら本当に腹が立つこと減ったで。
 精神衛生上ええで。

 でもな、それでも腹が立つことはあるわ。
 まだまだ『こうすべき』と思っていることが多いんやと思うわ。
 ほんまはこの世に『こうすべき』なんてないんやろうけどな。
 人間が勝手に善とか正義とか決めてるけど自然界には善も正義もないもんなあ。

 人間てさあ、大人になっていく過程でさあ、
 自分なりの世渡り戦術というか、
 こう生きていけばいいんやとか身につけるやん、常識も含めて。
 誠実であるとか、正直であるとかも含めて。
 努力で乗りこえろとか、辛抱しろとかも含めて。

 それで今まで生きてきたわけやし、それはそれで役にも立ったわけやけど、
 年齢を重ねたり、また違う問題に出会ったりした時にそれが邪魔になるというか、足かせになったりもするわけや。
 だから、価値観は常にアップロードが必要になるんちゃうかなあ。
 不要になった価値観はどんどん捨てていかなアカン。
 そんな風に思うなあ。」


 「わかりました。
  ところで実は社内のある資格試験に合格したのですが・・」

 「どんな試験なん?」

 「マネージャーに昇格する試験なんですけど、それでその試験には絶対受かってみせる!みたいに気合い入って頑張ってたんです。でも、いざ受かってみて、本当にマネージャーになってみんなを管理する立場に立つことが現実になってくるとだんだん自信なくなってきて・・。もうすぐ辞令が出ると思うんですけど断ろうかなあ、なんて思っていまして・・。」

 「なるほど・・。
  昔、君さあ、ソフトボールの試合でチャンスで俺に打席回ってこい、て思うんですけど、
  いざ本当にそんなチャンスが回ってきたら怖くて逃げ出したくなるって言ってたよな。」


 「はい、言ってました。」

 「ということは、マネージャーの辞令を断るってことはいつものパターンってことにならへんか。
  それだったら何にも君変わってないということにならへんか?」


 「違うんです、先生。
  今までの僕は何か頼まれてもいつも『イヤ』と言うことができなかったんです。
  だから辞令を断ることがいつもの自分を変えることになると思うんです。」

 「俺はそうは思わへんなあ。
  そういうのを『エゴの罠、エゴのごまかし、エゴの正当化』て言うねん。
  変わりたくない自分、つまりエゴが自分の心の中にいて、
  うまい言い訳を自分で作って、
  変わらないでいようとしているように思うなあ。」


 「いや、本当に違うんです。
  僕はいつも断れずにいたんです。
  だから断るという選択をすることが自分を変えるということだと思うんです。」

 「じゃあ聞くけど。
  自分にとってマネージャーになって責任を負わされて、
  みんなをまとめていかなアカンようになって、
  自分の管理職としての力量を試される立場に立つ方が楽か、
  それともマネージャーの辞令を断る方が楽か、
  どちらが楽や?」


 「そりゃあ、断る方が楽です。」

 「そこよ、そこ。
  君は怖がってんのよ。
  自分が試されて、もし自分に能力がないことがみんなにバレて、
  なんや、あいつやっぱり力ないやん、みたいに思われるのが、
  死ぬほど怖いんちゃうか?」


 「それは一番怖いです。
  無能やと・・みんなに思われて・・、
  それは耐えられへんほど怖いです。」

 「俺はさあ、君がそうなってもいいんちゃうかな、て思うねん。
  自分の無能さがバレてさあ。
  そうして、こう自分の弱さとかダメさとかが全部バレて、
  そうなんです。これが本当の僕なんですって開き直れたら、 
  それこそ自分が変われるチャンスになるんちゃうか。
  今までは人の目ばかり気にして、
  カッコばかりつけて、
  嫌われんようにして、
  言いたいことも言えへんかったわけやけど、
  もう全部バレてしもて、
  もうカッコつける必要がなくなってしまったら、
  その時こそ本当にありのままの自分で生きていける、
  そんな自分に変われる契機になるんちゃうかな。」

  
 「う〜ん・・。それは自分にとってすっごいキツいことですけどね。」

 「そやろなあ・・。
  無能さがバレて面目を失う。
  それを一番恐れてたんやからなあ・・。
  でも失敗するとは限ってないで。
  君は以外と高い能力持ってるからなあ。
  今まで人の目ばかり気にしてたから、
  その能力が全開になってないだけで、
  なりふり構わず一生懸命やったら
  意外とうまくいくんちゃうかな。
  あ、ええこと教えといてあげるわ。
  人をマネージメントする時には、
  自分の思うように動かそうなんて思ったらアカンで。
  一人ひとりの良いところを認めて、高く評価して、
  〇〇さんがいてくれるから、〇〇さんのお陰と感謝するねん。
  間違うてもマネージメントしようとか管理しようとか
  そういう不遜な思いを持ったらあかんで。
  気持ちよく働いてもらうにはどうしたらええやろ、と
  その人の助けになるにはどうしたらええやろと
  そういう気持ちでマネージャーしたらいいねん。
  素直、謙虚、感謝や。
  そうしたら管理職も務まるわ。」

  
 「なるほど。でも・・。」

 「俺はな、どっちでもいいねん。
  自分の思うようにしたらいいねんで。
  君がマネージャーを受けようが、断ろうが、
  どっちにしたって君の味方や。」


 「そう言ってもらえたら、すごく嬉しいです。」

 「自分を変えるというのは、口で言うほど簡単なことではない。
  なんかこう生まれ変わるような、すっごく大変なことなんやと思う。
  でもな、人生には1回か2回、マイナーチェンジではなく
  フルモデルチェンジが必要な時があるねん。
  君にとってそれが今なのかもしれへんなあ・・。」


 「フルモデルチェンジ・・ですか・・。」

 「うん。
  とにかく自分で決めて、自分で前に進むしかない。」


 「はい。」

 「どっちにしても応援してるからね。」
  
 「ありがとうございます。」



 そう言って彼は帰って行きました。
 
  
  
  
posted by 長谷川 at 18:30| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする