2017年10月15日

北九州国際会議場での講演会「親学講座」


 今日10月15日(日)は午前中、北九州国際会議場で講演会がありました。

 テーマは「親学講座」

 聞いてくださるのは佐賀県に本山があるお寺の信徒様約130人です。
 同じテーマでこうして講演に呼んでくださるのは今回で3回目です。感謝です。

DSC_0083.JPG


 先日、大阪のある小学校に講演に行った時、一人のお母さんからこんな相談を受けました。

 「小学校1年生の男の子なんですけど、私がスキンシップを取ろうとしたり、ハグしようとするととても嫌がって逃げ回るんです。どうしてなんでしょうか?そんな場合はどうしたらいいですか?」

 そうですか・・
 ふつうそのくらいの年齢ですとまだまだハグしてもらえるのは嬉しいものですけどね・・。
 ところでご主人との夫婦仲はどうですか?(こういうことって意外と夫婦関係の反映だったりするんです。それでこんなふうに尋ねました。)

 「別に悪くありません」

 そうですか・・。では、ご自身のお父さんお母さんとの仲は?(自分の父や母との確執もこういう形で子どもに出ることがあります。)

 「母とはうまくいってますし、父とも最近はうまくいってます。」

 なるほど・・。
 ご主人ともうまくいってるし、お父さんお母さんともうまくいってる・・。
 では、ご主人のご両親とはどうですか?

 「おつきあいしていません。」

 よく聞いてみると、ご主人のご実家とは絶縁状態でこの方がお付き合いを拒絶されているとのことでした。

 そうでしたか。
 子どもさんはあなたからの接触を拒絶されているし、あなたも義理のご両親からの接触を拒絶されている。
 そっくりの構図ですね。
 あなたが子どもさんからスキンシップを拒絶されてとても寂しい思いをされて悩まれているように、ご主人のご両親も接触を断たれて寂しい思いをされ、そのことで悩まれているんじゃないでしょうか。
 それをその子が身を以て教えてくれてくれているんじゃないでしょうか。
 この二つの問題はリンクしあっていて、あなたが義理のご両親を許してあげて、また仲良くお付き合いされるようになれば、子どもさんも素直になってスキンシップを嫌がらないようになるかもしれませんね。
 そうお話しすると、その方はハッと気づかれたような顔をしておられました。

 子どもに問題が起きますと親は子どもを変えよう変えようとしますが、
 本当は自分の心のありようや物の考え方、価値観、または夫婦関係や自分の両親への思い、お姑さんとの関係、そんなものを今一度見直すことで子どもの問題が自然に解決していくことがあります。
 どうぞ、皆さん、子どもさんに何か問題が起こったときは、あせって子どもを変えようとするのではなく、自分のありようを一度静かに振り返ってみて下さい。

DSC_0063.JPG

 
 日本には古くから「七つまでは神のうち」という言葉がありまして、
 7歳までの子どもというものは人間よりも神仏に近い存在であるという意味なんですが、
 実際、子どもに教えられることって多いですね。
 そして子どもから学べば学ぶほど、親として人間として成長していける。

 今、皆さんのお手元にあります詩「しあわせになるれんしゅう」もそういう思いから生まれました。

 DSCN0656-thumbnail2-f52d7-thumbnail2-thumbnail2.JPG

 子育ては「待つ」れんしゅうなんですね。
 人を育てる人、スポーツのコーチや監督でも上手い人はみんな「待つ」のが上手です。
 待てない人は幸運をつかむのが下手です。
 「残り福」とか「残り物に福がある」て言うでしょ。
 だから物事を成就したり、幸せになりたいと思ったら「待つ」ことが出来ないとダメですね。
 幸せになるために大切なことは3つあります。
 1つは「待つ」こと、2つ目が「許す」こと、3つ目が「笑う」ことです。
 「許す」ことと「笑う」ことについては講演の最後にお話しします。

DSC_0066.JPG


  親学10か条の資料を元にお話ししました。

    < 親学10か条 >

  1、 子どもの自己成長力を信頼する。
    (信じて待つ)
                  
  2、 ありのままを愛する。
    (そのままのあなたが大好き)

  3、 子どもを尊敬する。
    (もうすでにあなたは素晴らしい)

  4、 子どもを親の思い通りに育てようとしない。
    (自然にお任せする)*子どもは親の作品ではない

  5、 子どもの思い、ペース、自由を大切にする。
    (あなたはあなたのやりかたで、あなたのペースで)

  6、 家族が仲良くする。
    (許し合う、笑い合う、かたいことは言わない)

  7、子どもの話を聴く
    (関心を持つ)

  8、子どもの存在を喜ぶ。
    (生まれてくれてありがとう)

  9、 親が幸せである。
    (笑顔と感謝を持って暮らす)

  10、家をのんびりできる場所にする。
    (心が安らぐ居場所)



 そして講演の最後にこのようにお話しをしました。

DSC_0068.JPG


 子どもたちは何も子育ての上手なお母さんに育ててもらいたいのではありません。
 賢いお母さんに育ててもらいたいのでもありません。
 あなたに育ててもらいたいんです。
 子どもたちはそのままのあなたに会いたくて、そのままのあなたに育ててもらいたくて、あなたのもとに生まれてきました。ですから、どうぞ欠点もあるがまま、そのままのあなたで育ててあげてください。

 だけど、ママには笑っていてほしい。幸せでいてほしい。
 笑うためには許すことが必要です。
 誰を?
 自分をです。
 誰にでも欠点やダメな所はあると思います。
 皆さんはそのダメな所や欠点を直すのではなく、許してください。
 そして自分の欠点を許したように子どもさんやご主人のダメな所も許してあげてください。
 そうすれば家庭に笑顔が生まれます。
 そうして許しあって、笑いあって、皆さんが幸せに子育てしていかれることを心より願っております。
 本日は誠にご静聴ありがとうございました。

 講演の終わりに小田和正の「たしかなこと」の曲に乗せてお一人お一人それぞれ違った詩をプレゼントしました。

DSC_0080.JPG

講演終了後、質疑応答が20分。
その後、主催者様のご厚意で書籍「あなたも子どももそのままでいい」(税込500円)のサイン販売をさせていただきました。なんと!104冊もお買い上げいただきました。ありがとうございました。

DSC_0099.JPG


 みなさん熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございます。
 またお会いできる日を楽しみにしています。
 もし今日の講演会に参加されて、このブログをご覧になられている方がおられましたら講演の感想等、コメントいただけるととても嬉しいです。





posted by 長谷川 at 15:16| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

兵庫県加古川市立野口小学校での講演会


 今日は午前中、加古川市立野口小学校で講演会がありました。

 テーマは「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」

 参加してくださったの保護者の方約65名です。
 ふつう教育講演会と言いますと参観日と同じ日に設定されたりするのですが、今回はこの講演会だけにわざわざ足を運んでくださいました。感謝です。
 
 DSC_0045.JPG


 親が普段、子どもにかけている言葉ってどんな言葉でしょう?

 「早くしなさい」
 「もう宿題したの」
 「何べん言ったらわかるの」
 「いい加減にしなさい」

 実は親が子どもにかけている言葉の8割以上は、注意・命令・禁止・叱責なんですね。
 これでは子どもの自信や意欲は引き出せません。
 なぜなら、これらの言葉は上からの一方通行で対話になっていかないからなのです。
 自信や意欲を引き出そうと思ったらもっともっと子どもと対話しなくちゃ引き出せません。
 ちょっと例を挙げて説明します。


 中学生くらいになれば「なんで英語なんて勉強しなあかんの?」なんていう子がいます。
 こんな時こそ「問いかけ」をするのです。

 「どうしてやと思う?」

 「えっ、海外旅行に行った時に困るからかなあ・・」

 「たぶん英語ができなくても海外旅行はできると思うで。」

 「じゃあ、仕事する時にいるからかなあ・・」

 「そうやなぁ・・、ところで〇〇くんは将来何になりたいの?」

 「スタントマン!ハリウッド映画でやるような国際的なスタントマンになりたい!
  先生!ハリウッドってアメリカやろ。それやったら英語を話せなあかんやんな、先生。」

 「ほんまやなあ。」

 「先生、オレ、英語がんばるわ。」

DSC_0047.JPG


 このようにして子どもの考えや気持ちを聞こうとして問いかけていくと対話が成立して、そういう対話の中で子どもが自分で答えを見つけていく。
 それは親が一方的に押し付けた意見ではなくて子ども自身が自分で考えて自分で出した結論ですから子どもの行動も変わる可能性大なんですね。

 それだけじゃなくていつもそういう風に子どもの意見を聞こうとして問いかけていると子どもは自分で考えるようになるし、自分で出した結論に責任を持つようになります。つまり子どもの主体性を育むことになるんですね。

 また頭ごなしに叱らずに子どもの気持ちや考えを理解しようとして問いかけることによって、その子に対する愛情やその子を尊重する姿勢を示すことになります。それが親子の信頼関係を築くことにもつながります。

 でも問いかけ方にもコツがあるのです。
 では資料を見てください。

DSC_0048.JPG 


 プラスの問いかけは子どもの考える力や主体性、意欲、能力を引き出します。
 マイナスの問いかけは子どものやる気をなくさせ、親子関係を悪くします。

    <子どもに対するプラスの問いかけ>

・ どうしたらいいと思う?
・ どうしたら出来るかな?
・ どうしたい?
・ どうして欲しい?
・ 何か手伝えることある?
・ それのいい所ってどこかな?
・ 違う見方できないかな?
・ 相手の立場に立ったらどう見える?
・ 何から始める?
・ どうしたら楽しく出来るかな?
・ 今すぐ出来ることって何かな?
・ どうしたの?何かあった?
・ どうしてかな?

    <子どもに対するマイナスの問いかけ>

・ なんで〜するの?
・ なんで〜しないの?
・ なんで〜したの?
・ もう宿題したの?
・ なんで怒らすの?
・ 何をしなければいけないの?
・ (悪い予想)になったら、どうするの?
・ どこを直さないといけないの?
・ ちゃんとしたの? わかってるの?
・ 何がいけないの?
・ 誰が悪いの?

 プラスの問いかけは子どもの考えや気持ちを聞こうとするもので、このように問いかけられると子どもは、自分は大切にされている、認められている、愛されていると感じます。このように感じるとき、子どもは自らの内に宿る『自己成長力』を発揮し、主体的・意欲的に物事に取り組んでいくようになります。




 マイナスの問いかけは「なんで〜」ばっかりやね。
 「なんで」と頭についたら後はろくな言葉が来ません。
 嘆く言葉か相手を責める言葉が続いてしまいます。
 問題はね、これらのマイナスの問いかけを無意識のうちにいっぱいしているということです。

 まずはそこを意識化する。

 自分が子どもにかけている言葉を意識化してマイナスのものをプラスに変えていく。
 そうしてプラスの問いかけが子どもに自然にできるようになってきますとみなさん自身がプラス思考、ポジティブ思考に変わってきます。

DSC_0049.JPG


 ポジティブ思考とは何か?
 自分を許し、自分に優しくし、自分の気持ちを大切にする思考です。

 ネガティブ思考とは何か?
 それは自分を許さず、自分を責め、自分を脅し、自分を不安にさせる思考です。

 それはそのまま子どもを許さず、子どもを責め、子どもを脅し、子どもを不安にさせる思考につながります。
 それは決して子どもを幸せにしません。
 今この思考を変えなければなりません。
 どのようにして?

 言葉を変えることによってです。

 思考は必ず言葉に表れます。
 言葉と思考は一対のものです。
 子育てには本音が出ます。
 子どもに言っている言葉の中に自分の本音、自分の思考が表れています。
 そこを変える。
 子どもにかける言葉を変えていく。
 そうするとポジティブ思考に変わるだけでなく、子どもとの関係が変わってきます。
 そして子どもとの関係が変わってくると子どもが変わってくるのです。

 
 子どもは親との関係が良好であればあるほど前向きに意欲的になります。
 では、どういった親子関係が子どもの自信と意欲を引き出すのか。
 資料をもとに皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

   < 自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方 >
       〜 自己肯定感を育てる関わり 〜

     1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)

     2、そのままを愛する(変えようとしない)

     3、子どもの善さを見る(尊敬する)

     4、話を聴く(口を挟まず最後まで)

     5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)

     6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)

     7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)



 これは何も7つ全部やる必要はありません。
 この中の一つで結構です。
 自分が「これはいいなぁ」と思われることを心がけてもらえればそれで十分です。
 子育てには教科書もマニュアルもありません。
 誰にでも当てはまる正しい子育てなんてものはないのです。
 ですから、自分らしい子育てができればもうそれで十分なのです。

 そう前置きしたあと、1番、2番、3番、7番を具体例やエピソードを交えながらお話ししました。

 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせて70種類のお一人お一人それぞれ違う詩をプレゼントしました。

DSC_0052.JPG

 
 今日参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
 もし、このブログをご覧になられていましたら今日の講演会の感想等コメントいただけるととても嬉しいです。
 では、またお会いできる日を楽しみにしています。



 <10月21日に講演会があります。一般参加もOK>
 21317472_1579676145429256_8851424509594645365_n.jpg

 
 
 <発達障害や不登校などの相談も受けています>
 スクリーンショット 2017-06-12 17.59.45.png

 *「ブログ長谷川満の親学講座で1時間半額の3,240円になるってみたんですけど・・」とおっしゃていただければ1時間半額の3,240円 にさせていただきます。延長料金については通常通り。平成29年12月29日まで。

 



 
posted by 長谷川 at 12:27| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

すべての学力の基本である読解力。その具体的な高め方について


 すべての学力の基本は読解力です。
 子どもの読解力はどのようにすれば高められるのか。
 家庭でできるその具体的な方法をライブドアニュース、楽天infoseekニュース、エキサイトニュースを始め各ネットニュースに書かせていただきました。

 タイトルは「子どもの基礎読解力を高める3つの方法」
 

 (ライブドアニュースの記事より抜粋)

 親はどうしても目の前のテストの点数に目を奪われがちですが、子どもの読解力養成こそが学力向上の鍵を握っていると認識を改め、その対策を意識的に進めていくことが重要になってきています。

 (中略)

 まず一番におすすめなのは週末などに15分間だけ数学、理科、社会いずれかの教科書を親子で1ページだけ音読し、そこに書かれてある専門語句の意味を子どもに問いかけ、子どもに解説してもらうという方法です。

 最初子どもが慣れないうちは親が大いに助け舟を出しながら解説してもらいましょう。他者に説明することでさらに理解が進み、それがまた読解力アップにもつながります。その科目の理解も深まり一石二鳥の方法です。



 詳しい記事内容は下記をごらんください。

 ライブドアニュース
 http://news.livedoor.com/article/detail/13716511/

 楽天infoseekニュース
 https://news.infoseek.co.jp/article/jijico_28828/

 エキサイトニュース
 http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20171007/Jijico_28828.html

 元ネタニュースはJIJICO
 https://asqmii.com/jijico/2017/10/07/articles28828.html

 
 

 
posted by 長谷川 at 17:49| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合うか」 ありがとう


 昨日は第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合うか 〜発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学問題〜」がありました。

 今回はお祭り等、地域の行事が重なったせいで参加された方は7名でした。

 20171001_142140.jpg
 
 まずは発達障害の子どもへの接し方について資料をもとにお話ししました。

 20170930_155206.jpg

 その子のありのままを受け入れること。
 これが一番大事です。そしてこれが一番難しいです。
 それは一言で言うと「できないことがあってもいいやん。あなたはあなたのままでいいんやで。今のあなたのままで素晴らしいんやで。」ということです。
 そういう態度で接することによって自己肯定感を育てることが大事です。
 
 否定語(「ダメ!」など)を使わないということは、言い換えると叱らないということです。
 発達障害の子は叱られること、否定されることを極端に嫌います。
 それだけ不安が強いし、自己肯定感も低いんです。
 だから、注意しなければならないことがあった場合は、「ダメよ!」とか「なんてことするの!」という言葉ではなくて、「待って!」とか「何がしたいの?」とか「だったらこうしようか」とかそういう言葉をかけて代わりの行為を教えてあげるなどの対応が必要です。

 20171001_152926.jpg

 発達障害の子は「わがまま」と捉えられがちですが、実は「不安感が人一倍強い」だけなんです。
 こだわりが強いのも、急な変更を嫌うのも、嫌いなこと苦手なことを断固やらないのも、偏食がきついのも、全部不安感から来ているんですね。
 だから安心させてあげることが何よりも大切です。
 安心させてあげるにはどうすればいいか。
 それがこの資料に書かれてある7つの項目です。

 あと、発達障害の子は口頭での指示や説明(聴覚からの情報)はわかりにくくても、視覚情報(パソコンやゲーム)での理解、把握は得意な子がいますので、プログラマーやSEなんかの職業に就いて成功している人もいます。
 そういった意味からも、僕はそういうところに興味や才能を持っているのであればゲームやパソコンも厳しく制限するよりも本人が満足いくぐらい(3時間)自由にらせてあげたらいいと思っています。
 好きなだけ、大好きなゲームやパソコンができたら子どもの心も満ち足りて、かえって親の言うことも素直に聞けるようになりますし、知識の習得においても視覚情報からの方がずっと本人にとっても理解しやすく負担が少ないのでいいと思います。
 ゲームやパソコンのことで無用な反抗や争いも減るので精神衛生上もいいです。

 学習に関しても不安感を持たせないように、できるだけ簡単な問題から教えるようにして成功体験を積ませることが大切です。

 20171001_144031.jpg

 
 例えば、このように式も答えも全部見せてから問題をやらせる。
 わからなかったら見ていいからね。とその式も答えもその子が見やすいところにおいておく。
 つまり、絶対解けるようにしてからやらせるということです。
 これを続けていくうちに子どもの方も理解が進み自信もついてきますから、「先生、いっぺん自分の力でやってみる」と言い出します。もうその時は自力でやらせても解けるんです。そして「自分の力だけで解けたなあ。すごいなあ」といっぱい褒める。そのように教えてもらえると子どもも楽しいし、自信もついて、学習に前向きになってきます。できる喜びや成功体験、褒められる嬉しさ、そういったものが学習意欲を引き出します。

 
 次に不登校の子どもへの接し方についてお話ししました。
 
 20171001_155040_001.jpg

 度重なるストレス。
 環境の変化。
 パワハラやいじめ。
 うまくできない自分を責める。
 
 こういったことが続くとどうなるでしょうか。
 うつ病になります。
 今や一生のうちうつ病に罹る人は15人に1人だと言われております。
 大人だとうつ病になるのですが、子どもだとどうなると思われますか。

 子どもは不登校になるのです。
 
 うつ病は、それまで無理して、頑張って職場に行って仕事していたのだけれど、ある日ガス欠になったように全くやる気が出ない。動こうとしても動けない。会社に行こうとしても行けない。これは異常事態だぞと医者に行ったら『うつ病です。診断書を書きますから会社はしばらく休んでください。』という感じで発覚します。

 不登校もほぼ同じです。
 それまで無理して、頑張って学校に行っていたのだけれど、ある日ガス欠になったように起きれなくなる。全く学校に行こうという気が出ない。だから積極的に学校に行かない登校拒否ではなく、学校に行くことができない不登校と呼ばれているのです。

 ところが大人がうつ病になると 1、ゆっくり休める。 2、頑張れと励まされない。 3、嫌なことを訊かれない。 4、元の環境に戻されない。という適切な配慮がなされますが、子どもが不登校になると、1、ゆっくり休めない。 2、頑張れと励まされる。 3、嫌なことを訊かれる。 4、元の環境に戻そうとされる。と全く適切な配慮と真逆な対応をされて悪化、長期化、そして再発するというのが今の不登校の子が置かれている現状です。

 20171001_152940.jpg

 仕事でうつ病になった人に職場や仕事の話、嫌なことを思い出すような話は厳禁ですが、不登校になった子にはクラスや部活のこと、勉強のことやこれからのこと、嫌なことを思い出すようなことを親はいっぱい聞いてしまいます。中には問い詰めたり、責めたりしてしまう親御さんもあるでしょう。
 もし、うつ病の人に同じことをしたなら、ほぼ確実に悪化することでしょう。

 だから不登校の子にはまず何よりも安心してゆっくり休むということが必要です。
 「無理して学校に行かなくていいからね。自分から学校に行きたいという気持ちになるまで家でゆっくり休んでいたらいいからね。」と心から言って安心させてあげてほしいんです。
 そして、頑張れと励まさず、本人が聞いて欲しくないことは聞かず、いつもと変わらずに接してあげてください。
 そすれば子どもは子ども自身の力で必ず不登校を乗り越えます。
 
 たとえ中学校の間、不登校であったとしても高校からは楽しく元気に通っている子はたくさんいます。僕が家庭教師で担当した子のほとんどは高校からは頑張って行ってますし、大学に進学する子もとても多いです。
 だから、いま不登校であったとしても大丈夫なんです。
 子どもは子どもの力で克服していくのです。
 そして、それを親の力でしようとしても逆効果なだけです。
 親にできることは子どもを信じていつまでも待ってあげることぐらいです。
 それが親にとって一番難しいことです。
 それが不登校の子どもを持った親の課題だとも言えます。
 そんな風に考えますと子どもの不登校は親が成長するためにあると言えるのかもしれません。

 そうお話しした後「不登校を克服するための10か条」を紹介しました。

 スクリーンショット 2017-09-30 16.00.54.png


 発達障害のお子さんや不登校のお子さんをお持ちの親御さんは日々、「これからどうなるのだろう」と不安な思いで居られることでしょう。だけど不安という意味ではお子さんこそ不安の中で、自信をなくし、自己肯定感もなくし、辛い思いをしているのではないでしょうか。
 そんな不安な思いと日々戦っておられる皆さんにこの歌を応援歌として贈りたいと思います。
 聞いてください。
 「素敵なことがあなたを待っている」

 
 

 その後、いじめ、反抗期、進学問題についてお話ししました。

 最後にお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。

 20171001_154208_001.jpg
 
 
 皆さん大変熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございます。
 またお会いできる日を楽しみにしています。
 もし、参加された方でこのブログをご覧になられている方がおられました感想等コメントいただけると嬉しいです。
 もちろん参加されてなくてもこの記事をご覧になられての感想でも大歓迎です。
 


 
 
posted by 長谷川 at 18:22| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

明日10月1日(日)午後2時20分から第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合えばいいか」


 明日は第46回ペアレントセミナーがあります。
 
 一足先に明日使う資料の一部をご紹介します。

 20170930_155206.jpg

 スクリーンショット 2017-09-30 16.00.54.png

 

 
  第46回 ペアレントセミナー
  「子どもの問題にどう向き合えばいいか」
 〜 発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学問題 〜

 20170709_142155.jpg
    (平成29年7月9日 第45回ペアレントセミナーの様子)

 子どもを持てば悩みや不安はつきものです。
 親はその悩みや不安とどう向き合い、どう乗り越えていくかが問われています。親も子どもの問題を通して人間として成長していくのでしょう

「子どもを変えようとするのではなく、子どもや問題への見方を変える」

 そうして問題への見方や子どもへの関わり方が変わることによって子どもも変わり、結果として問題は解消していきます。
 今回のペアレントセミナーは子どもの問題について親としてどう向き合へばいいのか。どのように向き合うことが親の精神的成長につながり解決につながっていくのかをわかりやすくお話ししていきます。  


      < 第46回 概要 >
  
  参加費)1000円(高校生以下無料
  参加資格)どなたでも参加出来ます。
  日時)10月 1日 (日曜日)
     PM 2:20〜3:50(開場 2:00)
  場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」 講座研修室
  主催)家庭教師システム学院
  問合せ)079(422)8028

  *加古川総合庁舎駐車場3時間無料

 
[ここに地図が表示されます]


posted by 長谷川 at 16:24| Comment(0) | 講演・セミナーのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

今年で30周年!家庭教師システム学院 


 2017年12月1日で家庭教師システム学院は30周年を迎えます。

 27.jpg


 30年前はここ加古川でも学習塾や進学塾全盛の時代でした。

 40年前に「落ちこぼれ」という言葉が出てきて以来、通塾率はいつの間にか半数を超え、気がつけば中学生になれば塾に通うのは当たり前になっていました。
 誰もかれもが塾に通うようになると塾でもついていけない子どもたち、いわゆる「塾の落ちこぼれ」と呼ばれる生徒たちも出てきます。

 1対1の家庭教師でゆっくり教えてもらえればわかる。
 家庭教師ならわからないところを何度でも聞けるし、説明してもらえる。
 そんな子どもたちの願いに応えたくて、
 30年前家庭教師システム学院を加古川に設立しました。

 親御様の要望に応え、期待に応えようとするのではなく、何よりも勉強で困っている子どもたちの味方でありたい。
 勉強の管理者ではなく、援助者でありたい。
 勉強を強制しやらせるのではなく、「あたたかくて信頼し合える関係」を築くことによって子ども自ら意欲が出るのを助けたい。
 楽しい雰囲気でわかる喜び、成功体験を感じてほしい。
 その思いは今も変わりません。
 それが家庭教師システム学院の原点だと考えて居ります。

 
 30年間の長きにわたって家庭教師システム学院を続けてこられたのは、ひとえに地域の皆様、加古川・高砂・播磨町・稲美町の皆様のおかげです。

 その感謝の意味を込めまして2017年10月1日〜12月29日に入会の方に限り

 入会金21,600円のところを

 半額の10,800円とさせていただきます。


 *加古川市・高砂市・播磨町・稲美町もしくはその近隣の方限定

 今後ともよろしくお願い致します。


 家庭教師システム学院代表 長谷川満


 
 (お問い合わせ)
 家庭教師システム学院(079)422−8028(10時〜19時:日・祝休)
            メール:ksg@gc5.so-net.ne.jp


 
 
 




       < イベントのお知らせ >

(その1)

   第46回 ペアレントセミナー
  「子どもの問題にどう向き合えばいいか」
 〜 発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学問題 〜

  
  参加費)1000円(高校生以下無料
  参加資格)どなたでも参加出来ます。
  日時)10月 1日 (日曜日)
     PM 2:20〜3:50(開場 2:00)
  場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」 講座研修室
  主催)家庭教師システム学院
  問合せ)079(422)8028
  *加古川総合庁舎駐車場3時間無料

[ここに地図が表示されます]



 
(その2)

21317472_1579676145429256_8851424509594645365_n.jpg
posted by 長谷川 at 17:53| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

たつの市0〜3歳児のママ対象!2回目の「龍野子育てつどいの広場」での講演会


 今日は午前中、たつの市はつらつセンターへ講演に行ってきました。

 20170927_092128.jpg


 「わくわく親子講座」の2回目です。
 合計2回ありまして、どちらも同じテーマ、同じ内容でお話しします。

 テーマは「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」

 聞いてくださるのは主に0〜3歳のお子様をお持ちのお母様方約35名です。
 今回は卒業されたお母さんも4人わざわざ聞きに来てくださいました。

 DSC_0036.JPG

 
 「無為の子育て」とは一言で言いますと、
 「できるだけいらんことをせずに自然に任せて行きましょう。
  その方が子育てはうまくいきますよ。」
  ということです。

 先日、幼稚園に講演に行った際、こんな質問を受けました。

 「うちの子メンタルが弱いので、メンタルを強くしたいのですが、どうしたらいいですか?」

 僕はこう答えました。

 「その子のメンタルを強くさせようとすればするほど、その子は今のボクじゃダメなんだ、こんな弱い自分じゃダメなんだと自信をなくしていきます。結果、メンタルは弱くなってしまいます。
 もし本当にその子のメンタルを強くしたいと思われるなら、メンタルを強くさせなきゃなんて思わずに、その子のそのままありのままを愛してあげてください。
 それが子どものメンタルを強くする方法です。」

 勉強でも同じで「賢い子にしたい」とか「勉強の習慣をつけさせたい」とかの理由で、早くから勉強をやらせたり、強制したり、管理したり、勉強のことで叱ったりすれば子どもは勉強が大嫌いになってしまいます。

 結局、親が自分でいらんことをして子どもを潰してしまっているということがよくあるんです。
 だから、まず子どもを潰してしまうようないらんことをしないということが大切です。

 人間やからね、そりゃあ「この子にはこうあってほしい」とか思ってしまいますが、何が何でも「この子はこうする」と気張るとよくないんです。
 どんな努力をしても直してみせると頑張るとよくないんです。

 DSC_0037.JPG


 親の努力で子どもを変えようとするのは人間の傲慢です。

 仕事とか、スポーツとか、勉強だったら努力が大事です。
 でも、子育てに大事なのは努力ではないんです。
 子育てに必要なのは愛であり、喜びであり、感謝です。

 この世には努力でうまくいくものとそうでないものがあります。

  <努力が大切>        <努力ではないもの>
 仕事・スポーツ・勉強       恋愛・友人・子育て
 (達成、競争するもの)    (人間関係、楽しさ、癒し)

 子どもの意欲、向上心、能力、思いやりの心を高め、育てるのは親の愛であり、親の喜びであり、子どもに感謝する心です。

 それでは資料をもとに具体的に説明していきましょう。


       無為の子育て    

   1、いい子にしようとしない
   (あなたでいい、あなたがいい)

   2、甘えを許し受け入れる
   (あなたもわたしもダメでいい)

   3、自然にお任せする
   (私には何もできません)

   4、愛や喜びや幸せを受け取る
   (私の許に生まれてくれてありがとう)

   5、自分のエゴに気づく
   (「あなたのため」は自分のため)

 無為の子育てとは「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し育てていく。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」


 DSC_0039.JPG

 1、いい子にしようとしない(あなたでいい、あなたがいい) ではこのようにお話ししました。

 子どもが将来幸せに暮らしていく上で何が一番大切だと思われますか。
 そんな研究がアメリカのハーバード大学で75年間にわたって行われていました。
 男子卒業生268人を対象に健康診断と心理テストを用いた追跡調査を行い、2009年にその調査の結果を発表しました。

 何が人を幸せにするか?
 その問いの答えは実にシンプルで誰もが納得するものでした。
 それは「あたたかな人間関係」だったのです。

 それは主観的な幸せ感だけでなく、社会的・経済的に恵まれている人の割合もこの「あたたかな人間関係」を持っていると答えた人は、そうでない人の3倍もありました。年収においても890万円も高かったそうです。

 つまり子どもの幸せ、子どもの自立にとって最も大切なのは、子どもが大きくなって周りの人々と「あたたかな人間関係」を作れるようになるということです。そして子どもが他の人々とあたたかい人間関係を作る土台こそが「あたたかな親子関係」です。

 ですから、もし皆さんが子どもさんの将来の幸せを願われるのなら、こう自分に問いかける必要があるのです。

 「どうすれば子どもとあたたかな親子関係を築けるのだろうか?」

 それは4、愛や喜びや幸せを受け取る(私の許に生まれてくれてありがとう)に通じますね。

 ここで紹介したい詩があります。

  「あなたの子どもに生まれてきたわけ」

  いい親になる必要はありません
  子どもはそのままのあなたに愛されたいのです
  なぜなら
  そのままのあなたを愛しているから

  いい子にする必要はありません
  子どもはそのままの自分を愛されたいのです
  なぜなら
  それが愛するということだから

  そのためにあなたのもとに来てくれたのだから
         
                        by はせがわみつる


 
 子どもはあなたに本当に愛するとはどういうことかを教えるためにあなたのもとに生まれてきてくれたのかもしれませんんね。

 そのようにお話ししました。

 
 講演の終わりにキロロの「未来へ」の曲に乗せて、お一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。

 みなさん大変熱心に聞いてくださいました。
 ありがとうございました。
 今日の講演会の感想等ありましたらコメントいただけるととても嬉しいです。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。
 





 こんなイベントもやっていますので、もしお時間がありましたら是非いらしてください。

     第46回 ペアレントセミナー
  「子どもの問題にどう向き合えばいいか」
 〜 発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学問題 〜


 20170709_142155.jpg

 20170709_153857.jpg
    (平成29年7月9日 第45回ペアレントセミナーの様子)

 子どもを持てば悩みや不安はつきものです。
 親はその悩みや不安とどう向き合い、どう乗り越えていくかが問われています。親も子どもの問題を通して人間として成長していくのでしょう

 「子どもを変えようとするのではなく、子どもや問題への見方を変える」

 そうして問題への見方や子どもへの関わり方が変わることによって子どもも変わり、結果として問題は解消していきます。
 今回のペアレントセミナーは子どもの問題について親としてどう向き合へばいいのか。どのように向き合うことが親の精神的成長につながり解決につながっていくのかをわかりやすくお話ししていきます。  

      < 第46回 概要 >
  
  参加費)1000円(高校生以下無料
  参加資格)どなたでも参加出来ます。
  日時)10月 1日 (日曜日)
     PM 2:20〜3:50(開場 2:00)
  場所)加古川総合庁舎1階「かこむ」 講座研修室
  主催)家庭教師システム学院
  問合せ)079(422)8028
  *加古川総合庁舎駐車場3時間無料

[ここに地図が表示されます]



posted by 長谷川 at 18:00| Comment(2) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

『無為の子育て』とは自然の力を生かす子育て


 明日9月27日(水)は2017年度2回目の龍野子育てつどいの広場での講演です。

 今年のテーマは「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」
 
 子どもの自己成長力(自ら成長、向上、健全に向かう力)を信じ、逆効果になるような余計な手出し、口出しを控え、自然にいい方向へと向かう流れを生かしていこうとするのが無為の子育てです。

 自然の流れを生かしていこうとするので、ただ自然にお任せするのではなく、子どもに『安心・愛情・ありのまま』を与えた上で自然に任すということになります。
 子どもが安心して、親の愛情を十分に感じられて、ありのままでいられる時、子どもの内なる自己成長力が活発に働き出し、子どもは自らの力で成長し、成長することによって結果的に困っていたこと(例えば発達障害の困りごとや不登校など)が改善の方向に向かうようになります。

 自然が持っている力、つまり生成発展していこうとする力、自然治癒力のような自ら健全に向かおうとする力を十分に引き出せれば、発達障害も不登校も改善していくし、そのような問題がない子であっても知的能力や意欲が今以上に向上していくようになります。

 例えれば自然治癒力を高めれば、今患っている病気も治るし、病気じゃない人はますます健康になっていくということです。

 自然は伸びよう、伸びようとしています。
 そしてもっと良くなろう、もっと良くなろうとしています。
 それが自然の本来の在りようです。

 今の子育てや教育は親や学校が子どもを「良くしてやろう」とし過ぎていて、かえって子どもの成長を歪め、子どもの自己成長力の発揮を邪魔しているようなところがあるように思います。

 そこを是正し、子どもが本来持っている力を十分に引き出すことによって子どもを伸ばしていこうというのが無為の子育てです。

 子どもは親や教師が「作る」ものではなく、その子自身が持っている素晴らしい個性を自己実現できるように助けることが教育の本来の目的なはずです。親や教師が望むような子どもを作ることが教育ではありません。
 親になると、知らず知らずのうちに親の思ういい子に育てようとしてしまいがちですが、そこは一歩退いて余計な手を加えず、その子が自然に伸びていこうとする力を信じてあたたかく見守っていく姿勢こそ大切であるように思います。
 

 明日は講演後に、どんなお話しをしたのか、またブログ記事にして載せます。
 講演でお話しした内容は1回目と全く同じですが、ブログ記事にするときには内容を分けて載せるようにしています。





posted by 長谷川 at 18:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

兵庫県たつの市「龍野子育てつどいの広場」での講演会 1回目


 今日は午前中、たつの市はつらつセンターへ講演に行ってきました。

 20170920_092804.jpg


 龍野子育てつどいの広場さんの「わくわく親子講座」の1回目です。
 合計2回ありまして、どちらも同じテーマ、同じ内容でお話しします。
 テーマは「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」
 聞いてくださるのは主に0〜3歳のお子様をお持ちのお母様方約25名です。

 DSC_0135.JPG

 
 最初に詩「あいってなあに?」の誕生秘話をお話ししました。

 100115_145418-03491.jpg

 愛とは人の心を明るくするものです、人の心を暖かくするものです。
 その愛をあなたが私に持ってきてくれた。
 そんなふうに愛を伝えられたら素敵だなとの思いからこの詩が生まれました。


 さて、今日は「無為の子育て」というテーマでお話しさせていただくのですが、
 この「無為(むい)」という言葉は今から2500年前の中国の老子の言葉です。
 無為とは「こうしたらいいやろ、ああしたらいいやろと計らわないこと。自然に任すこと」です。
 無為の反対が「作為」。
 こうしたら上手くいくやろと色々とやることです。
 だから無為とは、そういう「はからい心」を捨てるということです。

 DSC_0139.JPG


 みんなね、子どもを持つと賢くしたくなるのね。
 それで早くから通信教育をやらせたり、早期教育をやらせたり、勉強を強制したりするわけですが、そんなことしたら子どもは勉強が大嫌いになってしまいます。
 子どもは勉強が嫌いなんじゃなくて、自由を奪われて、やりたくないことをやらされるのが嫌いなんです。
 それが勉強なら勉強が嫌いになります。
 勉強を嫌いにさせるのはとっても簡単です。
 嫌がってるのを無理やりやらせて、叱ってばっかりいれば嫌いになります。

 子どもに勉強を強制して、大嫌いにさせて「ちっとも勉強せえへん」言うて悩まはるんです。
 おかしいでしょ。
 子育ての悩みの80%以上は、実は親が自分で作りだしているんです。

 そのあと資料をもとに事例やエピソードを交えながらわかりやすくお話ししました。

 
      無為の子育て    

   1、いい子にしようとしない
   (あなたでいい、あなたがいい)

   2、甘えを許し受け入れる
   (あなたもわたしもダメでいい)

   3、自然にお任せする
   (私には何もできません)

   4、愛や喜びや幸せを受け取る
   (私の許に生まれてくれてありがとう)

   5、自分のエゴに気づく
   (「あなたのため」は自分のため)

 無為の子育てとは「いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、ありのままの自分でありのままの子どもを愛し育てていく。それが一番楽で、一番幸せで、一番子どもが伸びる子育てです。」



 DSC_0143.JPG


 最後の「5、自分のエゴに気づく」ではこのようにお話ししました。

 皆さんはこれからお子さんを育てていかれる中で、
 「強い子になってほしい」とか、
 「賢い子になってほしい」とか、
 「優しい子になってほしい」とか、
 いろいろ望まれると思います。
 それは全部親のエゴです。
 
 これ、逆の立場になって考えるとよくわかるんですね。

 お姑さんから
 「強い嫁であってほしい」
 「賢い嫁であってほしい」
 「優しい嫁であってほしい」
 なんて望まれたらイヤでしょ。
 このままの私じゃダメなんですか!
 と腹立つでしょ。

 なぜか?

 それらは全部、お姑さんのエゴだからです。

 エゴとは相手に対して「こうあってほしい」と自分の勝手な願いを押し付ける心であり、相手に求める心です。
 エゴは不満や不安を生み出す心です。
 このエゴに心を占領されてしまうと不満や不安だらけになり、ついには不幸になってしまいます。
 エゴの反対ってわかりますか?
 エゴの反対は愛です。
 愛とは、今目の前にいるそのままの相手を大好きだと思うことです。
 どうして大好きだと思うのか?
 それはその目の前にいるありのままの相手からあなたが喜びを受け取っているからです。

 これは何も相手があなたに何かをしてくれたということではありません。
 その相手はただ目の前にいるだけです。
 あなたはそれだけで嬉しいのです。

 その喜びがあなたの心を明るくし、あなたの心を暖かくするのです。
 愛している人の心は喜びで満ちています。
 だから相手に対しても、この世界に対しても感謝しているんですね。
 感謝しているから幸せなんですね。
 
 DSC_0142.JPG


 人間はエゴと愛、その両方を持っています。

 皆さんは子どもさんからたくさんの喜びをもらうと同時にたくさんのことを子どもに求めてしまうでしょう。
 それは避けられません。
 だから子どものことはできるだけ、子どもの意思を尊重して、
 あなたがレールを引いたりすることのないようにしてください。
 でも、もし、子どもさんが
 「これ、どうしたらいいかなあ?」と尋ねてきたらどうするか?
 その時は「あなたはどうしたいの?」と
 いつも子どもさんの気持ちを聴くようにしてください。
 
 子どもを大切にするとは、子どもの気持ちを大切にすることです。
 そして子どもの気持ちを大切にしてあげたいと願う心こそ愛の心です。

 最後にこの詩を紹介して僕の講演を終えたいと思います。

  詩 「 子どもを幸せに育てるためのたった一つの問い 」

     あなたは目の前にいる

     そのままのその子を愛しているのですか

     それとも

     こんな子になってほしいという

     あなた自身の思いを愛しているのですか

                         byはせがわみつる


 

 講演の終わりにキロロの「未来へ」の曲に乗せて、お一人お一人それぞれ違う詩をプレゼントしました。

 
 参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。
 もし「わくわく親子講座」に参加されてこのブログをご覧になられている方がございましたら、今日の講演の感想等コメントいただけるととても嬉しいです。
 

 
 
 
posted by 長谷川 at 17:40| Comment(9) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

兵庫県太子町立龍田幼稚園での講演会


 今日は午前中、太子町立龍田幼稚園に講演に行ってきました。
 参加してくださったの保護者の方約18名。
 テーマは「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」

 DSC_0130.JPG


 最初に詩「しあわせになるれんしゅう」を紹介しました。

 

DSCN0656-thumbnail2-f52d7-thumbnail2-thumbnail2-1.JPG

 
 子育ては「待つ」れんしゅうなんですね。
 人を育てる人、スポーツのコーチや監督でも上手い人はみんな「待つ」のが上手です。
 待てない人は幸運をつかむのが下手です。
 「残り福」とか「残り物に福がある」て言うでしょ。
 だから物事を成就したり、幸せになりたいと思ったら「待つ」ことが出来ないとダメですね。
 幸せになるために大切なことは3つあります。
 1つは「待つ」こと、2つ目が「許す」こと、3つ目が「笑う」ことです。
 「許す」ことと「笑う」ことについては講演の最後にお話しします。

 DSC_0131.JPG

 そうお話ししたあと下の資料をもとに具体例をあげながら解説していきました。

    < 自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方 >
       〜 自己肯定感を育てる関わり 〜

     1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)

     2、そのままを愛する(変えようとしない)

     3、子どもの善さを見る(尊敬する)

     4、話を聴く(口を挟まず最後まで)

     5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)

     6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)

     7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)



 講演の中で「手紙 〜親愛なる子どもたちへ〜」という曲を聴いていただきました。

 

 この「手紙」という歌には深い深い親の愛が込められています。
 この歌は、自らの弱っていく身体をもって「愛とは何か」を子どもたちに伝えようとしている歌です。

 「愛する子どもたちよ。
  愛とは優しく世話をすることであり、
  許すことであり、待つことであり、理解しようとすることであり、
  そしてそれら全てを喜びをもってすることである。」
 そう伝えようとしている歌です。

 子どもは生まれるときに「3つのプレゼント」を持って生まれてきます。
 一つ目は「愛する喜び」。
 二つ目は「愛される喜び」。
 三つ目は「愛する者同士が共に暮らす喜び」。

 それらの喜びをちゃんと受け取って幸せになること。
 幸せになって、幸せな中で子どもを育てていくこと。
 それが一番大切なことなんですね。
 なぜか?
 幸せな親が幸せな子どもを育てるからです。

 みなさん、結婚される方に「お幸せに!」と言いますね。
 どうしてそう言うのでしょう。
 それはこれから愛する者同士が共に暮らすからです。
 みなさんはもう既に愛する子どもたちと共に暮らしていらっしゃいます。

 「幸せはなるものではなくて気づくもの」

 大切なのはこれから幸せになろうと努力することではなくて、
 今すでに幸せであったと気づくことなんだと思います。

 DSC_0132.JPG
 

 そして講演の終わりにこのようにお話ししました。
 
 子どもたちは何も子育ての上手なお母さんに育ててもらいたいのではありません。
 賢いお母さんに育ててもらいたいのでもありません。
 あなたに育ててもらいたいんです。
 子どもたちはそのままのあなたに会いたくて、そのままのあなたに育ててもらいたくて、あなたのもとに生まれてきました。ですから、どうぞ欠点もあるがまま、そのままのあなたで育ててあげてください。

 だけど、ママには笑っていてほしい。幸せでいてほしい。
 笑うためには許すことが必要です。
 誰を?
 自分をです。
 誰にでも欠点やダメな所はあると思います。
 皆さんはそのダメな所や欠点を直すのではなく、許してください。
 そして自分の欠点を許したように子どもさんやご主人のダメな所も許してあげてください。
 そうすれば家庭に笑顔が生まれます。
 そうして許しあって、笑いあって、皆さんが幸せに子育てしていかれることを心より願っております。
 本日は誠にご静聴ありがとうございました。

 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲に乗せてお一人お一人それぞれ違った詩をプレゼントしました。

 お一人の方にはこんな詩が届きました。


 『あなたの子どもに生まれてきたわけ』

  いい親になる必要はありません
  子どもはそのままのあなたに愛されたいのです
  なぜなら
  そのままのあなたを愛しているから

  いい子にする必要はありません
  子どもはそのままの自分を愛されたいのです
  なぜなら
  それが愛するということだから

  そのためにあなたのもとに来てくれたのだから

                 by はせがわみつる



 参加してくださった皆さんありがとうございます。
 またお会いできる日を楽しみにしています。
 もし今日の講演会に参加してくださってこのブログを見てくださっている方がおられましたら感想等コメントいただけるととても嬉しいです。
 

 
 
posted by 長谷川 at 17:46| Comment(0) | 講演・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする